@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

化学パルプ【かがくパルプ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

化学パルプ
かがくパルプ
chemical pulp
略称 CP。おもに木材を化学的に処理することによって得られる繊維物質。紙,レーヨンセロハンなどの主原料となる。製法により,亜硫酸パルプクラフトパルプソーダパルプセミケミカルパルプに分れる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かがく‐パルプ〔クワガク‐〕【化学パルプ】
化学薬品を使って木材からリグニンなどを除き、セルロースを取り出したパルプ。用いる薬品により、亜硫酸パルプソーダパルプ硫酸塩パルプなどがある。機械パルプに比べて純度が高く、上質紙などに用いられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かがくパルプ【化学パルプ】
砕木を水酸化ナトリウムや硫酸塩・亜硫酸塩などで化学的に処理して得られるパルプ。リグニンなどの不純物が除去されるのでセルロース純度の高いものが得られ、上質紙や化学繊維の製造に用いられる。 CP 。 → 機械パルプ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

化学パルプ
かがくぱるぷ
chemical pulp
広義には木材または竹、藁(わら)、麻などの非木材の繊維原料を化学的に処理して製造したパルプ。略称CP。日本では化学パルプの99%以上が木材から製造されるため、狭義には木材の化学パルプをさす。
 パルプの製造に際し、繊維原料中のリグニンなど非セルロース分の溶出に適した蒸解(煮てパルプ化すること)薬液で140~190℃で処理することにより、セルロースは単繊維状のパルプとして取り出せる。蒸解薬液の組成はパルプの製法により異なり、水酸化ナトリウム、硫化ナトリウムおよび亜硫酸ナトリウムなどが用いられ、また製法により、得られるパルプも、セルロース、リグニンおよびヘミセルロースなどの含有量と諸強度を異にする。
 現在、化学パルプの生産量は他のパルプに比べ圧倒的に多い。化学パルプのなかではクラフトパルプがほとんどで、少量の亜硫酸パルプとアルカリパルプが一部で生産される。未晒(みさらし)の化学パルプは、アルカリおよび塩素系の薬品を用いて純白に漂白することも、リグニンがまったくなくなるまで精製することも可能である。
 化学パルプは機械パルプに比べるときわめて純度が高く、またはるかに強度が大きいため、未晒パルプは包装用紙の原料に、半晒パルプは新聞用紙製造の際、主原料となる木材パルプの補強用に、晒パルプは上・中質印刷用紙などの主原料として用いられ、またとくに精製された晒亜硫酸パルプは溶解用パルプとして人絹、スフ(ステープルファイバー)およびカルボキシメチルセルロース(CMC、化学糊(のり))などの原料として用いられる。非木材パルプは手漉(す)きおよび機械抄(す)き和紙など特殊高級紙原料として用いられる。
 世界にはいまだ利用されずに捨てられている莫大(ばくだい)な量の稲藁・麦藁がある。20世紀の後半に、中国は紙パルプを大増産するため、零細な藁パルプ工場を全国各地につくり、そこに従来貯蔵や輸送が困難とされてきた稲藁・麦藁等を原料として少量ずつ運び込み、廃液処理技術の開発を十分に行わないまま、パルプの製造を強行した。そして1997年には世界の非木材パルプの総生産量約1930万トンの大半を中国が生産し、世界最大の非木材パルプ生産国を誇った。しかし、21世紀になり地球環境問題が厳しさを増し、各国も国内外の反対運動と戦って産業振興することができなくなってきた。そして2012年には、中国の藁パルプの生産量も591万2000トンに激減していることが国連統計で判明した。しかし、稲藁・麦藁等は莫大かつ有効な未利用資源であることには間違いない。足をしっかり地につけ、原料の輸送貯蔵技術、パルプ化技術そして環境技術の研究開発に取り組めば、困難はあっても復活は決して不可能なことではない。[御田昭雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かがく‐パルプ クヮガク‥【化学パルプ】
〘名〙 (パルプはpulp) 木材片を化学的な処理によってパルプにしたもの。使用する薬品によって、亜硫酸パルプ、硫酸塩パルプなどに分類される。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

化学パルプ
カガクパルプ
chemical pulp

パルプ原料を蒸解によって化学的に処理し,繊維化して製造したパルプ総称.この処理は,パルプ原料からリグニン分解・除去することを目的とするが,同時にヘミセルロースの相当量およびセルロースの一部も失われるため,収率の低下は避けられない.得られたパルプは未さらしパルプといい,残存するリグニンのために茶褐色または暗褐色を呈する.これを漂白(パルプ漂白)すると白色のさらしパルプが得られ,一般印刷用紙などの製造に用いられる.蒸解液の種類によってクラフトパルプ亜硫酸パルプ,ソーダパルプなどがある.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学パルプ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

化学パルプの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation