@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

化学兵器禁止機関【かがくへいききんしきかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

化学兵器禁止機関
かがくへいききんしきかん
Organisation for the Prohibition of Chemical Weapons; OPCW
化学兵器禁止条約 CWCに基づき化学兵器の全面禁止並びに不拡散を推進する国際機関。国際連合と共同して活動する独立した国際機関で,1997年に設置された。本部オランダハーグ。2013年現在,190ヵ国の CWC締約国で構成される。組織は,(1) 日常活動を管理する執行理事会,(2) 締約国の条約遵守についての検証を行なう技術事務局,(3) 最高意思決定機関である締約国会議,の内部機関からなる。関連施設を査察し,化学兵器の破壊・廃棄作業の実施を監視,検証する。また,締約国が他国から化学兵器による攻撃を受けた場合には,支援する義務を負う。設立から 15年間で 80ヵ国以上約 5000回の査察を実施,締約国すべての申告済み化学兵器の目録を作成し,世界の化学兵器の 80%以上を破壊した。2013年,化学兵器廃棄や拡散防止への貢献に対してノーベル平和賞を授与された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

化学兵器禁止機関
かがくへいききんしきかん
Organisation for the Prohibition of Chemical Weapons

化学兵器禁止条約に基づき、1997年に設立された国際機関。略称OPCW。世界的な化学兵器の全面禁止および不拡散のための活動を行う。機構は、(1)締約国会議 化学兵器禁止条約の全締約国からなるOPCWの最高意思決定機関、(2)執行理事会 全締約国のうち、各地域グループから選出された41か国からなる執行機関、(3)技術事務局 締約国会議と執行理事会の補佐や、条約の検証措置の実施等を行う実務機関、の三つの内部機関で構成される。本部はオランダのハーグ。実務機関である技術事務局のおもな活動内容は、化学兵器および生産施設の廃棄の進捗(しんちょく)を検証することや、化学兵器の再現防止のために毒性化学物質を扱う産業施設等に対する検証を行うことなどで、機構設立以来、約5300回の査察を実施している(2013年9月末時点)。また、条約の締約国を増加させ、締約国間の協力を推進するために、セミナー開催や訓練コースの開設などの活動も行う。2013年10月時点で、職員数は約490人で、そのうち約140人が査察官である。2013年、化学兵器排除のための努力が評価され、ノーベル平和賞を受賞した。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かがくへいききんし‐きかん〔クワガクヘイキキンシキクワン〕【化学兵器禁止機関】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学兵器禁止機関」の用語解説はコトバンクが提供しています。

化学兵器禁止機関の関連情報

関連キーワード

大量破壊兵器WMD化学兵器禁止条約OPCW温帯夏雨気候FIFAクラブワールドカップ化学兵器禁止条約軍備管理・軍縮庁軍縮会議国際査察制度

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation