@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

化学受容【かがくじゅよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

化学受容
かがくじゅよう
chemoreception
化学物質が刺激となって感覚が生じる場合を化学受容といい,その器官を化学受容器という。高等動物では嗅覚味覚がこれにあたり,嗅受容器鼻腔のいちばん奥にある嗅細胞で,味受容器はに分布する味蕾内の味細胞である。両生類魚類では皮膚でも化学受容を行う。昆虫甲殻類では触角の先 (跗節) にみられる。昆虫の触角などによるフェロモン感知も,化学受容である。これらは食物の発見,配偶者の選択にも重要な役割をもつ。原生動物では体表面で化学受容が行われている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

化学受容
 嗅覚や視覚を刺激する化学物質の刺激を受容すること.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学受容」の用語解説はコトバンクが提供しています。

化学受容の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation