@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

化学探査【カガクタンサ】

デジタル大辞泉

かがく‐たんさ〔クワガク‐〕【化学探査】
地表付近の水やガスを分析し、微量成分濃度分布を調べ、地質構造鉱床の存在を探ること。化学探鉱

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かがくたんさ【化学探査】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

化学探査
かがくたんさ
geochemical exploration

地表の自然水、河川堆積(たいせき)物、氷河堆積物、土壌、岩石、植物および土壌ガス・蒸気などの分析を行って地下に存在する鉱床に由来すると考えられる微量元素(成分)を定量し、その分布状態から鉱床賦存の可能性を推定する探鉱法。地化学探査ともいう。一般に鉱床周辺には、鉱床生成時あるいは生成後の風化過程において鉱体構成元素(成分)が分散し、しばしば高濃集帯(分散ハローという)を形成することが知られているが、化学探査では、この分散ハローの異常を、探鉱地域の地形、地質、地質構造、鉱床学的知識などから総合的に解析し、探査の手掛りとする。また、特定の鉱床の存在を推定するために分析される特定の元素(成分)を指示元素とよんでいる。

 化学探査の実施にあたっては、指示元素は目的鉱床の種類や試料の状態によって選択される。たとえば金・銀鉱床の探査には水銀、亜鉛、金、銀、ヒ素、銅・鉛・亜鉛鉱床には銅、鉛、亜鉛、水銀、硫酸イオン、水銀鉱床では水銀、石油・天然ガス鉱床にはメタン、エタンなどの炭化水素、二酸化炭素、窒素、水素、ヘリウム、地熱資源には水銀、ヒ素、ヘリウムなどが用いられる。

 微量元素分析法としては、従来から用いられている比色分析に加えて、最近は機器分析による方法が発達し、発光分光分析、蛍光X線分析、原子吸光分析、ガスクロマトグラフィーgas chromatography、質量分析などが利用されている。実際の分析にあたっては、試料および指示元素の種類や性質、また必要精度によって分析方法が選ばれる。データ解析についても、近年コンピュータが導入され、多数の分析値が迅速に処理できるようになった。

 なお、歴史的にみると、化学探査は地球化学の応用分野の一つとして発展した探鉱技術で、最初1930年代の中ごろ、ソ連およびスカンジナビアで独自に開発され、第二次世界大戦後に広くアメリカ、カナダ、イギリスなど各国でも行われるようになり発達した。

[港 種雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学探査」の用語解説はコトバンクが提供しています。

化学探査の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation