@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

化学親和力【カガクシンワリョク】

デジタル大辞泉

かがく‐しんわりょく〔クワガク‐〕【化学親和力】
化合物をつくる際に元素間に働くと考えられる結びつきやすさ。化学反応に伴う発熱量などが尺度とされたが、現在では熱学的に定義され、自由エネルギーの減少とされる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かがくしんわりょく【化学親和力】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

化学親和力
かがくしんわりょく
chemical affinity

物質間で化学的な相互作用をする能力、あるいは、その際に得られた化合物がもとのものに比べたときの安定性の度合いなどを表す古典的な用語。化学親和力の大きさは、時代によって違った熱力学量で表されてきた。19世紀のなかばには、化学反応の際に生ずる熱量が親和力の尺度として使われたが、自発的な吸熱反応が存在することから一般性に欠けることがわかった。

 1883年オランダのファント・ホッフは熱力学の第二法則を使って、次のように定義した。すなわち反応が自発的におこる方向と生成物の安定性は、反応の発熱量(エンタルピー変化)によって決まるのではなく、最大仕事によって決まることを示した。現在では、最大仕事のかわりに、定温・定圧の反応の場合にはギブスの自由エネルギーの減少が、また、定温・定積の場合にはヘルムホルツの自由エネルギーの減少が、化学親和力の尺度として用いられている。

[戸田源治郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かがく‐しんわりょく クヮガク‥【化学親和力】
〘名〙 化学反応を推進させるに必要な力。物質は互いに化学親和力をもつ場合に反応する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

化学親和力
カガクシンワリョク
chemical affinity

[同義異語]親和力

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学親和力」の用語解説はコトバンクが提供しています。

化学親和力の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation