@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

化石燃料【かせきねんりょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

化石燃料
かせきねんりょう
fossil fuel
石炭・石油天然ガスなど過去の植物や動物の遺骸が変化して生成した燃料まき木炭現世の植物から得られる燃料であるのに対して,これらを化石燃料と呼んで区別したが,現在ではむしろウランに代表される核燃料に対する用語として使用される。オイルシェールオイルサンドからの油の回収はまだ実用化されていないが,これらも化石燃料である。化石燃料から取り出されるエネルギーは過去の太陽エネルギーであるため,水力や太陽光などの自然エネルギー,あるいは原子核分裂を利用する核エネルギーに対して,化石エネルギーという語を使うこともある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かせき‐ねんりょう〔クワセキネンレウ〕【化石燃料】
地質時代を通じて動植物などが地中に堆積し、長い年月をかけて地圧や地熱を受け、変成されてできた有機物。特に、石炭石油天然ガスなど、燃料として用いられるもののこと。メタンハイドレートの利用も期待されている。化石エネルギー。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かせきねんりょう【化石燃料】
動植物などの遺骸が地質時代を通じて堆積物となり、地圧・地熱などにより変成してできた有機物。石炭・石油・天然ガスなど。化石エネルギー。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かせき‐ねんりょう クヮセキネンレウ【化石燃料】
〘名〙 石炭、石油など、大昔の生物の成分が変質(化石化)した燃料源をいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化石燃料」の用語解説はコトバンクが提供しています。

化石燃料の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation