@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

化石賞【かせきしょう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

化石賞
かせきしょう
Fossil Award
国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP)や、これに向けて事前に開かれる国連気候変動交渉会議などの会期中、地球温暖化対策に対する姿勢が積極的でない国などに対して非難と皮肉を込めて授与される賞。国連やCOPと関わらずに気候変動問題に取り組む、世界の900を超える環境NGOをまとめる気候行動ネットワーク(CAN:Climate Action Network)が主催し、1999年にドイツのボンで開催されたCOP5の会期中から表彰を開始した。化石という名称には、温室効果ガスを発生させる化石燃料fossil fuelという意味とあわせ、現代に残る古い考え方に対する批判の意味も込められている。賞には、COP会期中に毎日発表される本日の化石賞Fossil of the Day Awardと、年間化石賞Fossil of the Year Awardがある。いずれも表彰の対象は、会議に参加する国やエネルギー関連の大企業などである。本日の化石賞は、会議で討論される内容をもとに、地球温暖化対策を後退させるような消極的な発言をした国などが選定され、開期中の連日にわたり1~3位までが公表される。年間化石賞は、1年間でもっとも消極的な政策を打ち出した国などが選ばれる。
 一方で、CANは優れた行動や発言に対して宝石賞の表彰も行っている。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵mini

化石賞
世界の環境NGOからなる「気候行動ネットワーク(CAN)」が地球温暖化対策に消極的な国へ贈る賞。正式名称はFossil of the Day Award(本日の化石賞)。1999年開催の国連気候変動枠組条約締約国会議(COP5)で始まって以降、COPの会期中ほぼ毎日、温暖化対策に後ろ向きだと判断される国や地域を選び、批判を込めて同賞を授与している。日本はCOP5で初受賞して以来、何度も受賞を重ねるという不名誉な結果を残している。
(2019-12-10)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化石賞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

化石賞の関連情報

関連キーワード

COP締約国会議京都議定書締約国会合生物多様性条約締約国会議コロンビアの要覧気候変動枠組み条約京都議定書京都議定書締約国会合COPMOPヒートポンプ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation