@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

化粧まわし【けしょうまわし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

化粧まわし
けしょうまわし
相撲で関取衆が土俵入り用に使うエプロンのような美しいまわし。後援会などが昇進を祝って贈ることが多い。帯の生地幅は日本婦人の丸帯と同じ 68cmであるが,長さは2近い 6m以上もある。これをに六つ折りとして腰に三重に巻き,その先端の 1mほどを広いまま前に垂らし,その部分に模様が施してある。帯の生地は,ラシャならわりあい安価であるが,現在はほとんど使用されておらず,博多織ならその倍,京都西陣製のつづれ織りだとそのまた倍はかかる。馬簾は細い金糸,銀糸の本数を丹念に数えて,一本を直径 2.5cm,長さ 14cmに,約 100本を手よりして一腰分となる。目方は 10kg前後。横綱のものは三つぞろいで一組であるため最低 300万円前後はかかることになる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化粧まわし」の用語解説はコトバンクが提供しています。

化粧まわしの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation