@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

北上運河【きたかみうんが】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

北上運河
きたかみうんが
宮城県,北上川から定川を横切り鳴瀬川河口の野蒜 (のびる) にいたる 12kmの運河。 1878年着工,82年完成。野蒜から松島湾にいたる東名運河と,松島湾と阿武隈川河口の荒浜にいたる貞山堀とを連絡して,北上,阿武隈両川を内陸水路で連絡する物資の輸送路とするため建設されたものであるが,その後の鉄道の発達,船舶の大型化によって実際上の利用価値は乏しく,現在では灌漑路,排水路小舟水路として利用されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きたかみうんが【北上運河】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

北上運河
きたかみうんが

宮城県中部、旧北上川河口より約8キロメートル上流の石巻市(いしのまきし)蛇田(へびた)高屋敷と鳴瀬(なるせ)川河口の東松島市(ひがしまつしまし)野蒜(のびる)の間を結ぶ運河。全長12.8キロメートル。1878年(明治11)に着工した野蒜築港に伴い北上川とを結ぶルートとして開削され、1882年に完成した。開通後、小型汽船が就航し貨客輸送で栄えた。しかし、東北線の開通による北上川舟運の衰退と野蒜築港の失敗によって廃れ、現在は小舟が通るのみである。

[後藤雄二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北上運河」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北上運河の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation