@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

北前船【きたまえぶね】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

北前船
きたまえぶね
江戸時代,寛永年間 (1624~44) に日本海,瀬戸内海を経て大坂にいたる西廻海運に就航した廻船北陸では「べんざい」 (弁財船) と称した。 18世紀末には航路蝦夷地まで延び,北陸,奥羽松前米穀海産物を買入れて下関海峡を経て瀬戸内海に出て大坂にいたり,ここで積荷を売りさばいては酒,塩,雑貨を仕入れ,北国で売払って巨利を得た。買積商内 (かいづみあきない) と呼ばれるように,運賃積によらず主が売買問屋を兼ねた。近江商人や北陸筋の商人が船主であった。加賀銭屋五兵衛は有名。幕末から明治初期が最盛期で,中期以降は,汽船や内陸鉄道網の発達によって微していった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きたまえ‐ぶね〔きたまへ‐〕【北前船】
近世初期から明治時代にかけて、日本海海運で活躍した北国廻船(ほっこくかいせん)、またそれに使われた北国船(ほっこくぶね)上方での呼称近世の中ごろから用いられるようになった、改良型の弁財船をもいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

北前船
江戸時代に北陸や東北地方西部のから日本海を通り、関門海峡から瀬戸内海を通って、兵庫や大阪の港に行った大型の商船です。途中各地の港を訪れ、商売をしながら移動します。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きたまえぶね【北前船】
江戸中期から明治時代にかけて,北海道と大阪を結んで西回り航路を往来した買積船。その船型は通称千石船で,弁財船,どんぐり船とも呼ばれた。当初は200石積みから500石積みまであったが,明治時代になると2000石積みクラスのものも現れた。積荷は上り荷として北海道産の胴ニシン・羽ニシン・身欠きニシン・サケ・昆布などの海産物,下り荷は米・塩・木綿・古着・酒などであった。船主が荷主を兼ねた買積みであった。【柚木 学】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きたまえぶね【北前船】
日本海海運に就航していた北国地方の廻船のうち、江戸中期以降、西廻り航路に就航していた廻船に対する上方地域での呼称。蝦夷えぞ地や東北・北陸など北国の物資を西国に、西国の物資を北国に運送した。北国廻船。北国船。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

北前船
きたまえぶね
江戸時代から明治時代にかけて、西廻(にしまわり)航路に就航した廻船(かいせん)の上方(かみがた)での呼称。北前船は、大坂が北海道産品の集散市場として確立する江戸時代中期から隆盛に向かい、順風でなくても帆走可能な弁才船(べざいせん/べんざいぶね)の大型化を図りつつ発達した。西南日本において棉(わた)、藍(あい)、ミカンなどの商品作物の栽培が盛んになり、北海道産魚肥、とくに鰊締粕(にしんしめかす)の需要が増大する幕末から明治時代初頭にかけて最盛期を迎えた。最盛期の北前船は大型化してほぼ2000石積みにも及び、買積み船が主流をなし、船主は単に海運業者であるばかりではなく、隔地間の価格差に依拠した海の商人でもあった。米、漁場用品、日用雑貨などを西廻各地で仕入れて北海道で売り、かわりに水産製品を買い付けて上方に運び、売りさばいた。[小林真人]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きたまえ‐ぶね きたまへ‥【北前船】
〘名〙
① 江戸初期から中期にかけて日本海海運の主力となって活躍した廻船の北国船の上方での呼称。初期にすでに千石積以上の大船があり、船首形状がまるく、舷側に垣立のない特異な船型で、順風時以外は櫂で漕ぐという中世的廻船の性格をもつものであったため、多数の乗組を必要とし、江戸中期以降は帆走専用の経済的な弁才船に圧倒されて滅びた。〔和漢船用集(1766)〕
② 江戸時代、弁才船を改良した船。天保期(一八三〇‐四四)以後従来の弁才船より船首のそりを大きく淦間(あかま)の幅を拡大するなど、船体寸法の割に多量の積荷ができる船型に変えたもので、これを上方系の弁才船と区別して称した。
※大和形船製造寸法書(1902)七「北前船と檜垣・樽船とは一見して之を識別し得べし」
③ 江戸時代から明治中期にかけて北海道貿易に活躍した日本海地域の廻船を上方でいう。特定の船型を意味しない。また、瀬戸内・九州地方の買積船で北国貿易に従事するものを称する場合もある。
※東西船路名所記(1838)諸国之船大坂着場所「北国路北前船 難波ばし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

北前船
きたまえぶね
江戸時代の廻船の一つ
北国廻船・北国船ともいう。近江商人などが出資して,越前・加賀などの船を用いて,西廻り航路により松前の昆布・ (にしん) ,北国の米を大坂へ,関西の塩・酒などを北国に運んだ。江戸中期から明治初年にかけて栄えたが,汽船の発達で衰えた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北前船」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北前船の関連情報

関連キーワード

コックス寛永検地アンヘレスコックスソテロ福島正則オスロ歌舞伎年代記佐渡金山

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation