@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

北国廻船【ホッコクカイセン】

デジタル大辞泉

ほっこく‐かいせん〔ホクコククワイセン〕【北国×廻船】
江戸時代、蝦夷(えぞ)地東北北陸地方大坂兵庫などを西廻り航路で結んだ廻船。主に北国海産物上方(かみがた)で売却し、・酒・雑貨などを仕入れて北国で売却した。北前船

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ほっこくかいせん【北国廻船】
江戸時代の蝦夷えぞ地(北海道)を含む日本海地域と上方かみがたを日本海航路によって往復した輸送船。北前船とも称した。船主が同時に荷主である買積みの場合が多く、加賀・能登の諸港を本拠とし、秋のはじめ海産物(俵物)を積んで上方へ向かい、翌年の春に酒・塩・綿布にかえて北帰するのを常とした。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほっこく‐かいせん ホクコククヮイセン【北国廻船】
〘名〙 江戸時代、蝦夷地や北陸地方の海産物を積載して大坂・兵庫などで売却し、中国・関西方面の塩、筵、酒、荒物、雑貨などを搭載して帰航する北国筋の廻船。江戸初頭に始まり、幕末・明治初頭に最も活躍した買積船で、上方では北前船と称した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

北国廻船
ほっこくかいせん
北前船」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

北国廻船
ほっこくかいせん

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北国廻船」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北国廻船の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation