@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

北国【キタグニ】

デジタル大辞泉

きた‐ぐに【北国】
北の方にある国。北方地方

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほっ‐こく〔ホク‐〕【北国】

北方の国。北方の土地。きたぐに。北州。
北陸道の諸国。
「越前の国よりはじめて―の勢そろへて上るべし」〈平治・中〉
《江戸城の北にあったところから》新吉原(しんよしわら)遊郭の異称。品川の「南国」に対していう。北州
「あしたは―へいき山(=遊女)とおでかけなさりませ」〈黄・栄花夢

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほっこく【北国】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

きた‐ぐに【北国】
〘名〙
① 北方の国。また、北方の土地、地方。ほっこく。
※古本説話集(1130頃か)五三「今は昔、丹後の国は北ぐににて、雪深く、風けわしく侍やまでらに、観音験(げん)じ給ふ」
② 北陸道の国々。すなわち、若狭、越前、加賀、能登、越中、越後、佐渡など。ほっこく。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほっ‐こく ホク‥【北国】
[1] 〘名〙
① 北方の国。また、北方の土地。北州。〔日葡辞書(1603‐04)〕 〔詩経‐大雅・韓奕〕
② 特に、北陸道の諸国。東山道の出羽国を含む場合もある。
※平家(13C前)六「東国・北国のそむくだにあるに」
[2] (江戸城の北にあたるところから) 江戸新吉原遊郭の異称。北郭。品川の遊里を南国などというのに対していう。北方。北地。北州。
※談義本・化物判取牒(1755)一「平日放埒ものなりしが〈略〉其魂、西国まった北国(ホッコク)の方へ飛行するとぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北国」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北国の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation