@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

北太平洋高気圧【きたたいへいようこうきあつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

北太平洋高気圧
きたたいへいようこうきあつ
太平洋東部(北緯 30°~40°,西経 140°~150°)を中心にほぼ常的に形成されるの高い亜熱帯高気圧が,地上付近で発達するもの。北半球大気大循環による力学的な要因で形成される。夏季に発達するが,冬季にもやや南にかたよって存在する。夏季にはハワイ諸島を中心にアメリカ西岸から日本付近まで広く発達する。西端部の日本付近へのはり出している部分は,小笠原高気圧と呼ばれる。夏季の日本列島が北太平洋高気圧に覆われると暑い夏となる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きたたいへいよう‐こうきあつ〔きたタイヘイヤウカウキアツ〕【北太平洋高気圧】
太平洋高気圧」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きたたいへいようこうきあつ【北太平洋高気圧 North Pacific anticyclone】
北太平洋東部の海面上に中心をもつ大高気圧で,大西洋上のアゾレス高気圧に対応する半永久的な高気圧。この高気圧の南側から赤道へ流れる北東気流が,太平洋の貿易風である。季は中心が少し東に移り,平均して西経145゜,北緯30゜付近にあり,その一部がマリアナ諸島をおおっている。夏季はやや北上し,中心は西経155゜,北緯35゜付近に移る。アリューシャン低気圧の衰えに対応し,この高気圧は北太平洋のほとんど全域をおおい,その西方への張出しを小笠原高気圧と呼んでいる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

北太平洋高気圧
きたたいへいようこうきあつ

北太平洋で発達する高気圧。その主体は亜熱帯の海上で発達する亜熱帯高気圧であるが、これに高緯度方面より南東進してきた移動性高気圧が近づいて、停滞、合体して勢力が強まる場合が多い。夏季に優勢で、その範囲も北に広がる。構造的には背の高い温暖高気圧である。

 夏季の北太平洋高気圧は月平均気圧分布図では単一の大きな高気圧として表されるが、個々の日の天気図では、三つぐらいの中心があり、一つは日本の南または南東の小笠原(おがさわら)諸島の近海、一つは北太平洋中部、そしてもう一つはハワイ諸島の北にあることが多い。そこで北太平洋高気圧は「小笠原高気圧」とか「ハワイ高気圧」とよばれることがある。

 なお、北大西洋にも、北太平洋高気圧と同種の北大西洋高気圧があり、島の名前を冠して、アゾレス高気圧、バーミューダ高気圧などとよばれている。

[倉嶋 厚]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きたたいへいよう‐こうきあつ きたタイヘイヤウカウキアツ【北太平洋高気圧】
〘名〙 北太平洋上の中緯度付近に存在する亜熱帯高気圧。冬は南下して衰えるが、夏には北上して優勢となり、小笠原気団を生じる。小笠原高気圧。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北太平洋高気圧」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北太平洋高気圧の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation