@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

北山崎【きたやまざき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

北山崎
きたやまざき
岩手県北東部,田野畑村の北東端にある陸中海岸景勝地。高さ 200mに達する豪壮雄大な海食崖連なり岩礁洞門,絶壁などやアカマツ,シロバナシャクナゲの大群落などがあり,海のアルプスの名にふさわしい。南方,羅賀,平井賀一帯の白亜紀層には多くの化石が発見される。三陸復興国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きたやま‐ざき【北山崎】
岩手県北東部、太平洋に臨む岬。陸中海岸を代表する景勝地の一。高さ100~200メートルの断崖が8キロメートルにわたって続き、「海のアルプス」とよばれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きたやまざき【北山崎】
岩手県北東部,下閉伊(しもへい)郡田野畑村にある陸中海岸北部の景勝地。200mに達する海食崖が連なり,岩礁,洞門,絶壁やアカマツ,シロバナシャクナゲの大群落などがあり,海のアルプスと呼ばれている。また,羅賀・平井賀一帯の白亜紀化石断層には多くの化石が発見され,地質学的にすぐれた特徴がある。1974年明戸~太田名部(普代村)間に有料道路が開通し,北山崎への便もよくなった。【川本 忠平】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

北山崎
きたやまざき

岩手県北東部、三陸復興国立公園(旧、陸中海岸国立公園)の景勝地の一つ。下閉伊(しもへい)郡普代村(ふだいむら)黒崎から田野畑村(たのはたむら)弁天崎までの約8キロメートルは、200メートルに達する海食崖(がい)や洞門、巨岩が続き、「海のアルプス」と称される。断崖上にはアカマツ林のほかシロバナシャクナゲの群落もみられる。島越(しまのこし)港からは遊覧船も就航し、日本屈指の外洋景観を探勝できる。

[川本忠平]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

北山崎
(岩手県下閉伊郡田野畑村)
美しき日本―いちどは訪れたい日本の観光遺産指定の地域遺産。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北山崎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北山崎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation