@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

北山川【きたやまがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

北山川
きたやまがわ
奈良県南東部から三重県和歌山県県境を流れる川。熊野川支流全長 92km。奈良県南東部の伯母峰峠付近に源を発し,紀伊山地を曲流しながらほぼ南流,三重・和歌山県境を形成したのち和歌山県新宮市北部の宮井付近で十津川と合流し,熊野川に注ぐ。穿入蛇行が著しく,下流部に景勝地として知られる瀞峡峡谷美をつくる。その上流北山峡,または上と呼ばれる景勝地であったが,上流に池原ダム,七色ダム,小森ダムができて大部分が水没した。流域吉野杉の美林地帯で吉野熊野国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きたやま‐がわ〔‐がは〕【北山川】
奈良県南東部の伯母峰(おばみね)峠付近に源を発して南流し、和歌山県新宮市北部で熊野川に注ぐ川。上流には池原などのダムがあり、中流瀞(どろ)八丁谷をつくる。長さ約100キロ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きたやまがわ【北山川】
紀伊山地の伯母峰(おばみね)峠(991m)に発し,奈良県域を南流して三重県との県境を通り,紀和町小船付近で十津川と合流して熊野川となり,熊野灘にそそぐ。全長92km,流域面積761km2。貫入蛇行が著しく美しい峡谷をなし,瀞峡(どろきよう)(瀞八丁)の景勝地で吉野熊野国立公園の一部をなす。瀞峡は北山峡ともいわれるが,狭義の北山峡は北山村付近の小松峡,七色峡などのある奥瀞のみをさす。上流が日本一の多雨地であるため有力な電源地域で,池原ダム(堤高111m)は北山川本流に支流の東ノ川が合流する曲流部に1966年完成したアーチ式ダムである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

北山川
きたやまがわ

奈良県南東部の吉野郡の伯母峰(おばみね)峠付近に源を発し、ほぼ南流して和歌山県で熊野川に注ぐ川。東の大台ヶ原山地と西の大峰(おおみね)山脈との谷間を南流し、下北山村で支流の東(ひがし)ノ川と合流する付近から嵌入(かんにゅう)蛇行して標式的なV字形峡谷をなす。和歌山県飛び地と三重県との県境を南西に流れ、和歌山県新宮(しんぐう)市熊野川町宮井で熊野川に合流する。上流は電源地帯で池原ダム、七色(なないろ)ダム、小森ダムがつくられ、下流には瀞峡(どろきょう)があって吉野熊野国立公園の一部をなす。

[菊地一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北山川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北山川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation