@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

北川春成【きたがわ はるなり】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

北川春成 きたがわ-はるなり
?-? 江戸時代後期の画家。
模写にすぐれた京都の絵師。合川珉和(あいかわ-みんわ)と共同で,おもに清水寺(きよみずでら)・祇園社(ぎおんしゃ)(八坂神社)の絵馬を縮写し,文政2年(1819)「扁額(へんがく)軌範」(初代速水春暁斎(はやみ-しゅんぎょうさい)編)を刊行した。この図集は「都絵馬鑑(みやこえまかがみ)」と改題され,世にひろまった。号は明渓。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

北川春成」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北川春成の関連情報

他サービスで検索

「北川春成」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation