@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

北川【きたがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

北川
きたがわ
宮崎県北部,延岡市中北部の旧町域。北で大分県に接する。 1972年町制。 2007年延岡市に編入。江戸時代は延岡藩領。ほとんどが山林原野で,中央部を北川が南流し,集落は北川の本支流沿いに点在する。林業が主産業で,シイタケを特産するほか,和牛の飼育も行なわれる。西部は祝子川 (ほうりがわ) の上流域で深い峡谷をなし,祖母傾国定公園の一部。祝子川モウソウキンメイ竹林は国の天然記念物に指定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きたがわ【北川】[姓氏]
姓氏の一。
[補説]「北川」姓の人物
北川民次(きたがわたみじ)
北川冬彦(きたがわふゆひこ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きた‐がわ【北川】[地名]
福井県西部を流れる川。滋賀県高市北部の三十三間山(標高842メートル)東麓に源を発し、天増(あます)川として南流し寒風(さむかぜ)川と県境で合流し、北川となる。北西流して三方(みかた)上中郡若狭(わかさ)町で鳥羽川、さらに小浜(おばま)市で遠敷(おにゅう)川を合わせ小浜湾に注ぐ。長さ約30キロ。流域の約80パーセントが山地

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きたがわ【北川】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きたがわ【北川】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation