@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

北房【ほくぼう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

北房
ほくぼう
岡山県北部,真庭市南部の旧町域。旭川の支流備中川の上流域,吉備高原にある。 1953年呰部町と中津井村,上水田村,水田村の3村が合体して北房町が成立。 2005年勝山町,落合町,湯原町,久世町,美甘村,川上村,八束村,中和村の8町村と合体して真庭市となった。大部分石灰岩台地で,石灰岩地帯特有の地形がみられ,特に鍾乳穴 (かなちあな) は有名。中心地区は下呰部 (→呰部 ) 。備中川沿いの谷底平野には水田が開け,吉備高原では牧牛,タバコ栽培が行なわれる。旧正月前に立つ塩ブリの市で知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

北房
ほくぼう

岡山県北西部、上房郡(じょうぼうぐん)にあった旧町名(北房町(ちょう))。現在は真庭市(まにわし)の南西部を占める地域。旧北房町は、1953年(昭和28)呰部(あざえ)町(1924町制)と中津井、上水田(かみみずた)、水田の3村が合併して成立。2005年(平成17)真庭郡の勝山(かつやま)、落合(おちあい)、湯原(ゆばら)、久世(くせ)の4町および美甘(みかも)、川上、八束(やつか)、中和(ちゅうか)の4村と合併して市制施行、真庭市となった。旧町域は、石灰岩台地の上房台が広がり、備中鐘乳穴(びっちゅうかなちあな)、岩屋の穴、上野呂(うえのろ)カルストなどの石灰岩地形に富む。旭(あさひ)川水系の備中川(呰部川)と中津井川が合流し、国道313号が備中川、中津井川沿いを走り、また中国自動車道が通じ北房インターチェンジがあり、北房ジャンクションで岡山自動車道と接続する。中心集落の下呰部は、古くから新見(にいみ)、松山(高梁(たかはし)市)などへの交通の要地、また物資の集散地であった。中津井には一時陣屋が置かれた。備中川、中津井川沿いの広い谷底では米作、野菜栽培が行われる。また和牛飼育、酪農も行われる。

[由比浜省吾]

『『北房町史』2冊(1983、1992・北房町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北房」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北房の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation