@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

北斗星

デジタル大辞泉プラス

北斗星
JR東日本・JR北海道が運営していた寝台特急列車。札幌駅(北海道)から上野駅(東京都)を結ぶ。1988年運行開始。2015年3月、定期列車の運行停止、同年8月まで臨時列車として運行。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵mini

北斗星
JR東日本などJRグループが東京・上野-北海道・札幌間で運行する寝台特急の名称。青い客車の寝台特急であるいわゆる「ブルートレイン」の一つで、個室や食堂車、ロビーカー、シャワールームなどを備える豪華列車である。上野-札幌間の所要時間は約16時間10分。青函トンネルが開業した1988年3月に運行開始され、2014年現在、1日に1往復運行されている。14年12月5日、JR東日本などは15年3月のダイヤ改正で「北斗星」を廃止することを決めたとの報道がなされた。車両の老朽化に加え、青函トンネルで再来年に開業する北海道新幹線の試験走行が始まり、列車の運行が難しくなるのが廃止の理由とされている。北斗の廃止で、ブルートレインは臨時列車を除き、半世紀以上の歴史にを閉じることになる。
(2014-12-8)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほくと‐せい【北斗星】
※将来之日本(1886)〈徳富蘇峰〉一三「凡そ今日に於て南極洋の裏、北斗星の傍、或は熱沙漠々たる赤道直下に於て」 〔星経‐巻上・北斗〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほくと‐せい【北斗星】
北斗七星」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北斗星」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北斗星の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation