@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

北条時宗【ほうじょうときむね】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

北条時宗
ほうじょうときむね
[生]建長3(1251).5.15. 鎌倉
[没]弘安7(1284).4.4. 鎌倉
鎌倉幕府の8代執権 (在職 1268~84) 。時頼の3男。母は北条重時の娘。幼名は正寿。元服して相模太郎と称した。左馬権頭,但馬権守を経て相模守,正五位下,文永1 (64) 年連署,同5年執権。この年以降しばしば訪れた元の使者を退け,ついに来襲した元,高麗の連合軍を再度にわたって撃退,進んで出征を企てるなど強硬な態度で終始した。また評定制度を無視して得宗専制政治への道を開き,朝廷内の皇位争いに介入して両統迭立端緒を開くなど,積極的な政治を行なった。第3回の元軍来襲に備えて国防に専念したが,病にかかり出家し法名を道杲と称した。早くからを信じ,から無学祖元を招き,弘安5 (82) 年円覚寺を創建して無学祖元を開山とした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほうじょう‐ときむね〔ホウデウ‐〕【北条時宗】
[1251~1284]鎌倉幕府第8代執権在職1268~1284。時頼長男通称相模太郎元寇に際して強硬策をとり、文永の役弘安の役でこれを撃退。禅を信仰し、中国宋より無学祖元を招き、円覚寺を建立した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

北条時宗 ほうじょう-ときむね
1251-1284 鎌倉時代の武将。
建長3年5月15日生まれ。北条時頼の子。母は北条重時の娘。文永元年連署となり,3年将軍宗尊(むねたか)親王を廃し,惟康(これやす)親王を擁立。5年8代執権につく。9年庶兄の北条時輔らを討ち,得宗(とくそう)としての地位を確定。九州の防備体制をかため,2度の蒙古軍の来襲を撃退(文永・弘安(こうあん)の役)。禅宗に帰依し,無学祖元をまねき円覚寺を建立した。弘安7年4月4日死去。34歳。幼名は正寿。通称は相模太郎。法名は道杲(どうこう)。
【格言など】御家人已下(いげ),軍兵等は守護の命に随(したが)い,防戦の忠を致すべし(弘安の役で御家人へ発した教書)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

デジタル大辞泉プラス

北条時宗
2001年放映のNHK大河ドラマ原作は、高橋克彦小説『時宗』。鎌倉幕府執権・北条時宗の34年の生涯を、モンゴル帝国情勢も交えて描く。脚本:井上由美子。音楽:栗山和樹。出演:和泉元彌、渡部篤郎、渡辺謙ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうじょうときむね【北条時宗】
1251‐84(建長3‐弘安7)
鎌倉後期,モンゴル襲来のときの執権。父は北条時頼,母は同重時女。幼名正寿。7歳で将軍宗尊(むねたか)親王の手で元服,相模太郎時宗と称す。幼少より時頼の正嫡として執権となるべく育てられ,60年(文応1)小侍所(こさむらいどころ)別当,61年(弘長1)安達(あだち)義景女(泰盛養女)の堀内殿と結婚,左馬権頭従五位下,64年(文永1)連署,65年従五位上相模守。68年高麗使藩阜の来訪ののち,3月に18歳で執権に就任した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほうじょうときむね【北条時宗】
1251~1284 鎌倉幕府八代執権。時頼の子。通称、相模太郎。文永・弘安の両度の元寇に際し、強硬に幕政を指導して、これを退けた。また、禅宗に帰依して宋から無学祖元を招き、円覚寺の開山とした。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

北条時宗
ほうじょうときむね
(1251―1284)
鎌倉幕府第8代執権。時頼(ときより)の子、母は北条重時(しげとき)の女(むすめ)。幼名を正寿といい、相模(さがみ)太郎と称した。左馬権頭(さまごんのかみ)、相模守(かみ)などを歴任。法名道杲(どうこう)。1257年(正嘉1)7歳で元服、将軍宗尊(むねたか)親王の一字「宗」を与えられて時宗と名のる。64年(文永1)連署(れんしょ)となり、翌年相模守となる。66年、宗尊親王を陰謀のかどによって将軍の地位から追い、京都に送還、かわって親王の子惟康(これやす)王(3歳)を将軍に迎えた。これは、将軍在位15年、25歳になっていた親王と、御家人(ごけにん)ないし北条氏の傍流の者とが反得宗(とくそう)勢力として結集することを懸念して、北条嫡流(得宗)がとった処置であった。2年後の68年3月、時宗は北条政村(まさむら)にかわって執権となり、政村が連署となった。この年の初め日本の服属を求める蒙古(もうこ)の使者が来朝しており、これを退けた幕府は、蒙古の来襲あるを予測し、国防の強化に努めた。74年(文永11)の蒙古軍侵攻(文永(ぶんえい)の役)は九州の武士が撃退したが、再襲に備えて北九州沿岸に石塁を築かせ、さらに異国征伐の遠征軍派遣を計画した。81年(弘安4)再度蒙古軍が来襲(弘安(こうあん)の役)したが、このときも撃退に成功、なお防備の強化に専念した。84年(弘安7)病により出家、4月4日死去した。時宗は禅に深く帰依(きえ)し、建長寺(けんちょうじ)の蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)の没(1278)後、宋(そう)から無学祖元(むがくそげん)を招いて師事し、82年(弘安5)祖元を開山として鎌倉に円覚寺(えんがくじ)を創建した。[田辺久子]
『関靖著『史話北条時宗』(1943・朝日新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

北条時宗 (ほうじょうときむね)
生年月日:1251年5月15日
鎌倉時代後期の鎌倉幕府第8代の執権
1284年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほうじょう‐ときむね【北条時宗】
鎌倉幕府第八代執権。時頼の子。通称相模太郎。一八歳で執権となる。たびたびの蒙古の使者を追い返し、文永・弘安の役では蒙古軍を撃破、その後も国防強化に努め、中国出兵を計画した。無学祖元を宋から招き、鎌倉に円覚寺を建立。建長三~弘安七年(一二五一‐八四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

北条時宗
ほうじょうときむね
1251〜84
鎌倉幕府第8代執権(在職1268〜84)
時頼の長子。相模太郎と称す。1264年連署,翌年相模守に任ぜられ,'68年18歳で執権となる。元寇に際し,元使を斬り西国の防備を固め積極的に対外強硬策をとり,元軍来襲に際しては在九州の非御家人をも動員し国難に対処した。国内政治においては武家社会の動揺の中で得宗専制への動きをみせた。また禅宗を信じ,無学祖元を宋より招き円覚寺を建立した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北条時宗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北条時宗の関連情報

関連キーワード

モンケ=ハン憲宗浄光明寺続後撰和歌集藤原為世蒙哥汗岩淵岡屋関白記

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation