@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

北条時頼【ほうじょうときより】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

北条時頼
ほうじょうときより
[生]安貞1(1227).5.14. 鎌倉
[没]弘長3(1263).11.22. 鎌倉
鎌倉幕府の5代執権 (在職 1246~56) 。時氏の次男で泰時の孫にあたる。母は安達景盛の娘 (→松下禅尼 ) 。幼名は戒寿。相模守,正五位下。寛元4 (46) 年兄経時の病気隠退のあとを受け執権に就任。その直後,同族名越光時らの陰謀を押えて一味を追放し,翌宝治1 (47) 年には光時と意を通じた三浦一族を挑発してこれを滅ぼした (→宝治合戦 ) 。さらに建長4 (52) 年将軍藤原頼嗣を廃して宗尊親王を迎えるなど,北条氏権力確立に努めるとともに,建長1 (49) 年引付を設けて公正な政治を行うなど,幕政を刷新し,祖父泰時とともに武家政治の理想的指導者と考えられた。康元1 (56) 年出家し,法名を覚了房道崇といったが,出家後も幕政に参与した。また深くを信じ,建長寺を創建して蘭渓道隆を迎え開山とした。なお出家後,諸国を遍歴して民情を視察したという話 (『増鏡』や『太平記』に記されている) が伝わっているが,確証はない。なお,この話は,謡曲鉢木』によって人々の間に広められた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほうじょう‐ときより〔ホウデウ‐〕【北条時頼】
[1227~1263]鎌倉幕府第5代執権。在職1246~1256。泰時。法名、道崇。豪族三浦一族を滅ぼし、執権北条氏の権力を確立。執権を辞してから出家。禅を信仰し、中国宋より蘭渓道隆を招き、建長寺建立仁政と諸国遍歴の伝説がある。最明寺殿。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

北条時頼 ほうじょう-ときより
1227-1263 鎌倉時代の武将。
嘉禄(かろく)3年5月14日生まれ。北条時氏(ときうじ)の子。母は松下禅尼(ぜんに)。寛元4年鎌倉幕府5代執権となる。宝治(ほうじ)元年三浦氏をほろぼした。建長元年引付(ひきつけ)をもうけて裁判制度を改革するなど幕政の確立につとめた。康元元年出家し最明寺殿とよばれた。のち諸国回国伝説が生まれた。弘長(こうちょう)3年11月22日死去。37歳。法名は道崇。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ほうじょうときより【北条時頼】
1227‐63(安貞1‐弘長3)
鎌倉中期の執権。父は北条時氏,母は安達(あだち)景盛女(松下禅尼)。幼名戒寿。1230年(寛喜2)時氏が死去して祖父泰時に養育され,37年(嘉禎3)元服,43年(寛元1)左近将監従五位下。46年閏4月の兄経時の死没にさきだち3月23日執権となった。その直後,一族の名越光時を誅し,将軍藤原頼経を追放(宮騒動),47年(宝治1)には安達景盛と計って三浦泰村一族を滅ぼした(宝治合戦)。49年(建長1)引付衆(ひきつけしゆう)を設けて訴訟制度を改革し,52年には将軍藤原頼嗣を追放して後嵯峨天皇の皇子宗尊(むねたか)親王を将軍に迎え,西園寺実氏を太政大臣につけるなど,執権政治と北条氏の権威増大を計った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほうじょうときより【北条時頼】
1227~1263 鎌倉幕府五代執権。泰時の孫、母は松下禅尼。最明寺殿とも。1247年、三浦泰村一族を滅ぼし北条氏の独裁体制を確立、引付衆を設置して訴訟制度を整備。また、民政に意を尽くしたことから、諸国民情視察遍歴の伝説が生じた。 → 鉢の木

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

北条時頼
ほうじょうときより
(1227―1263)
鎌倉幕府第5代執権。時氏(ときうじ)の二男、母は安達景盛(あだちかげもり)の女(むすめ)松下禅尼(まつしたぜんに)。幼名を戒寿といい、北条五郎と称した。左兵衛尉(さひょうえのじょう)、左近将監(さこんのしょうげん)、相模守(さがみのかみ)を歴任する。法名道崇(どうすう)。1237年(嘉禎3)元服し、将軍九条頼経(くじょうよりつね)によって時頼と名づけられる。46年(寛元4)病の兄経時(つねとき)から執権職を譲られた。時の将軍は8歳の頼嗣(よりつぐ)であったが、在位25年の前将軍頼経の周りに、幕府の実権を握ろうとする北条一族、御家人(ごけにん)らが集まっていた。時頼は、名越光時(なごしみつとき)が三浦氏らと通じて執権職をうかがった陰謀を打ち破り、光時を出家させて伊豆に流し、頼経を京都へ送還した。翌47年(宝治1)外戚(がいせき)安達(あだち)氏の後援を得て、謀略によって豪族三浦氏を滅ぼした。ここに幕府内における北条氏の独占的地位が確立した。ついで空席であった連署(れんしょ)に北条重時(しげとき)を迎え、時頼指導下の執権政治の安定をみた。49年(建長1)相模守となり、同年、判決の公正と審理の迅速を図るため引付(ひきつけ)制度を新設した。52年京都の九条家と将軍頼嗣とがかかわる陰謀が発覚、頼嗣を辞任させ京都へ送り、かわりに後嵯峨(ごさが)上皇の皇子宗尊(むねたか)親王を将軍に迎え、幕府念願の皇族将軍が実現した。56年(康元1)病により家督を6歳の時宗(ときむね)に譲り最明(さいみょう)寺で出家した。執権には一族の長時(ながとき)がなったが、鎌倉の北方山内庄(やまのうちしょう)の別邸に隠居した時頼は、なお幕府政治の実権を握り続けた。執権政治から得宗(とくそう)(北条嫡流)政治への移行であった。弘長(こうちょう)3年11月22日死去した。禅に帰依(きえ)し、宋(そう)僧蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)を開山に建長(けんちょう)寺を建立した。仁政の美談と諸国遍歴の伝説をもつ優れた政治家であった。[田辺久子]
『岡部長章著『北条時頼』(1954・朝日新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

北条時頼 (ほうじょうときより)
生年月日:1227年5月14日
鎌倉時代前期の鎌倉幕府第5代の執権
1263年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほうじょう‐ときより【北条時頼】
鎌倉中期の第五代執権。北条泰時の孫。母は松下禅尼。執権政治を強化し、裁判の迅速を図るために引付衆を設けた。また、摂家将軍を宮将軍にかえ、三浦氏を倒して北条氏の専権を強めた。執権を辞してから出家し、最明寺殿といわれたが、なお幕政に関与した。蘭渓道隆を宋から招き、建長寺を建立。法名最明寺道崇。安貞元年~弘長三年(一二二七‐六三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

北条時頼
ほうじょうときより
1227〜63
鎌倉幕府第5代執権(在職1246〜56)
父は時氏。泰時の孫。母は安達景盛の娘(松下禅尼)。1246年執権,'49年相模守となる。前将軍九条頼経と名越 (なごえ) 光時の陰謀を防ぎ,'47年宝治合戦では三浦氏を滅ぼすなど北条得宗家の力を強化した。さらに引付衆を設置し,また宗尊 (むねたか) 親王を将軍に迎えて北条氏の権力確保につとめた。出家して最明寺殿といわれたのちも幕政に参与。また禅宗を信仰し,蘭渓道隆に帰依し,建長寺を創建した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北条時頼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北条時頼の関連情報

関連キーワード

成吉思汗バトゥ成吉思汗安貞グレゴリウス9世西夏チンギス・ハン(成吉思汗)ケレスチヌス4世道元日本年号一覧

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation