@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

北条氏康【ほうじょう うじやす】

美術人名辞典

北条氏康
室町後期の武将小田原城主。通称新九郎相模守・左京大夫は万松軒・大清軒。氏綱の長男。従五位下。三条西実隆に学ぶ。和歌尊鎮流の書を能くする。領国経営にはみるべきものがあり、「小田原衆所領役帳」の作製、伝馬制度の整備等、優れた施策が多い。元亀2年(1571)歿、57才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

ほうじょう‐うじやす〔ホウデウうぢやす〕【北条氏康】
[1515~1571]戦国時代の武将。氏綱の長男。上杉憲政古河公方(こがくぼう)足利晴氏を破り、武田・今川両氏と結んで関東進攻を図る上杉謙信に対抗し、後北条氏の最盛期を招いた。検地の実施や伝馬制度の整備など、領国経営に尽力した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

北条氏康 ほうじょう-うじやす
1515-1571 戦国時代の武将。
永正(えいしょう)12年生まれ。北条氏綱の長男。天文(てんぶん)10年,小田原城主北条氏3代となる。15年扇谷(おうぎがやつ)上杉氏を武蔵(むさし)河越(かわごえ)(埼玉県)にやぶり,23年今川義元,武田信玄と三国同盟をむすぶ。永禄(えいろく)4年上杉謙信の進攻をしりぞけ,伊豆(いず)・相模(さがみ)・武蔵・上野(こうずけ)を領有,検地の実施,軍役の制定,税制の改革など領国支配の基礎をかためた。元亀(げんき)2年10月3日死去。57歳。通称は新九郎。
【格言など】下の功を盗まざれ(長男氏政への教訓)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ほうじょううじやす【北条氏康】
1515‐71(永正12‐元亀2)
戦国時代の武将。後北条氏第3代。氏綱の子。左京大夫,相模守。1541年(天文10)に家督を継ぎ,その翌年と翌々年にかけて相模,南武蔵,伊豆等で代替り検地を実施し,50年には税制を改革して領国経営の基礎を固めた。この前の45年には駿河の富士川以東の地域をめぐり今川義元と争い,遂に駿河を失う。しかし翌46年,川越の夜討といわれる戦いに大勝し(河越城の戦),扇谷上杉氏を滅亡させた。さらに52年には山内上杉憲政を上野から越後に追い,54年駿河に攻め入ったが,結局,相甲駿三国同盟を結ぶ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほうじょううじやす【北条氏康】
1515~1571 戦国時代の武将。氏綱の子。1551年、扇谷おうぎがやつ・山内両上杉氏を河越に破り、61年上杉謙信を敗走させ、伊豆・相模・武蔵・上野を領有、後北条氏の全盛期を築いた。また、足利学校の復興を援助。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

北条氏康
ほうじょううじやす
[生]永正12(1515).小田原
[没]元亀2(1571).10.3. 小田原
戦国時代の大名。後北条氏3代目。氏綱の嫡子。名は新九郎。法号は大聖寺東陽宗岱。左京大夫,従五位下。室は今川氏親の娘。天文 10 (1541) 年父の跡を継いで小田原城に住し,同 14年駿河に出陣,今川義元,上杉憲政らと戦い,翌 15年には武蔵に出撃して,足利晴氏,上杉朝定,同憲政らの連合軍を破り松山城を攻略。同 20年晴氏,両上杉の軍を武蔵河越に破り,同 23年武田信玄,今川義元と同盟を結び,古河公方足利晴氏を攻めた。永禄4 (61) 年には,小田原城を攻めた上杉謙信を戦わずして退かせ,後北条氏の全盛期を築いた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

北条氏康
ほうじょううじやす
(1515―1571)
関東の戦国大名、後北条(ほうじょう)氏第3代。氏綱(うじつな)の子。1541年(天文10)家督を継ぎ、翌年から相模(さがみ)、武蔵(むさし)の広い範囲で代替り検地を行った。52年上杉憲政(のりまさ)を越後(えちご)に追い、自分の甥(おい)の足利義氏(あしかがよしうじ)を古河公方(こがくぼう)にたて、前公方晴氏(はるうじ)父子を幽閉した。さらに河越(かわごえ)、松山(埼玉県川越市、東松山市)周辺に検地をし、滝山(たきやま)(東京都八王子市)、鉢形(はちがた)(埼玉県大里郡寄居(よりい)町)の支城に子の氏照(うじてる)、氏邦(うじくに)を入れた。そのほか、税制改革、軍役を定めた「小田原衆所領役帳」を作成するなど、領国経営の安定を図った。59年(永禄2)には氏政(うじまさ)に家督を譲ってこれを後見し、武田・今川氏との同盟をバックに上杉輝虎(てるとら)(謙信(けんしん))の進攻を退け、勢力を拡大した。晩年、駿河(するが)に進出した武田信玄(しんげん)を討つため、上杉氏との同盟締結に全力を傾け69年締結したが、死にあたっては、これを破棄して、ふたたび武田氏と結ぶよう遺言したといわれる。[池上裕子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほうじょう‐うじやす【北条氏康】
戦国時代の武将。氏綱の子。父のあとを継いで勢力拡大をはかり、しばしば今川義元・上杉憲政と戦う。また川越城の戦で八万の大軍をわずか八千の兵の夜襲攻撃によって破り、武名をはせた。後北条氏の全盛期の基礎をすえた。永正一二~元亀二年(一五一五‐七一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

北条氏康
ほうじょううじやす
1515〜71
戦国時代の武将
氏綱の子。1551年武蔵(埼玉県)河越で扇谷 (おうぎがやつ) ・山内両上杉氏・古河 (こが) 公方足利晴氏の大軍を撃破し(河越の戦い),武田信玄・今川義元らとしばしば交戦。のち武田・今川両氏と和を結び,関東南部を平定し,後北条氏最盛期を現出した。また和歌を好み足利学校復興援助した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北条氏康」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北条氏康の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation