@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

北条泰時【ほうじょうやすとき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

北条泰時
ほうじょうやすとき
[生]寿永2(1183).鎌倉
[没]仁治3(1242).6.15. 鎌倉
鎌倉幕府の3代執権 (在職 1224~42) 。義時の子。妻は三浦義村の娘。幼名は金剛。建久5 (1194) 年元服して頼時と名のり,のち泰時と改名。建暦1 (1211) 年修理亮,建保6 (18) 年侍所別当,承久1 (19) 年正月従五位上,駿河守,同年 11月武蔵守。同3年承久の乱には幕府軍を率いて上洛し,引続き六波羅探題に任じられて滞京し戦後処理にあたった。元仁1 (24) 年執権。翌年叔時房を連署とし,また評定衆を設置。貞永1 (32) 年『御成敗式目』を制定。翌年従四位下。嘉禎2 (36) 年左京権大夫を兼任暦仁1 (38) 年従四位上。同年武蔵守,次いで左京権大夫を辞任。翌年正四位下。仁治3 (42) 年5月病により出家し,法名を観阿と称した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほうじょう‐やすとき〔ホウデウ‐〕【北条泰時】
[1183~1242]鎌倉幕府第3代執権。在職1224~1242。義時長男通称江馬太郎承久の乱に上洛して鎮定に当たり、六波羅探題として後の処理にあたった。父の死後執権となり、評定衆の設置、御成敗式目の制定など、御家人中心の武家政治確立に努めた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

北条泰時 ほうじょう-やすとき
1183-1242 鎌倉時代の武将。
寿永2年生まれ。北条義時の長男。承久(じょうきゅう)の乱では叔父北条時房とともに京都に攻めのぼる。乱後,初代六波羅(ろくはら)探題北方。元仁(げんにん)元年3代執権となり,連署や評定衆の新設による合議制や貞永(じょうえい)元年の「御成敗式目(ごせいばいしきもく)」の制定で執権政治を確立。和歌をよくし,「新勅撰和歌集」などに歌がある。仁治(にんじ)3年6月15日死去。60歳。初名は頼時。通称は江間太郎。法名は観阿。
【格言など】公私如何を顧みるのみ。怨(うらみ)を畏れて決せずんば,何ぞ執権に取らんや(「日本外史」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ほうじょうやすとき【北条泰時】
1183‐1242(寿永2‐仁治3)
鎌倉幕府3代執権。義時の嫡男。幼名金剛。1194年(建久5)元服,源頼朝が烏帽子親(えぼしおや)となり,名前の一字を与え頼時と名のらせたが,のち泰時と改名。江間太郎と称す。1213年(建保1)の和田義盛の乱では幕府を防衛するなど奮戦し,和田氏を滅ぼした。21年(承久3)の承久の乱には,叔父時房らとともに東海道の大将軍として大軍を率いて攻め上り,杭瀬川(くいせがわ)(美濃)や宇治川(山城)で後鳥羽上皇方を破り,ついに京都を占領した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

北条泰時
ほうじょうやすとき
(1183―1242)

鎌倉幕府第3代執権。父は北条義時(よしとき)。幼名金剛(こんごう)。1194年(建久5)元服して頼時(よりとき)と称し、のちに泰時と改めた。1211年(建暦1)修理亮(しゅりのすけ)に任ぜられたのを初めとして、以後式部少丞(しきぶのしょうじょう)、駿河守(するがのかみ)、武蔵(むさし)守、左京権大夫(さきょうごんのだいぶ)を歴任した。一方、1218年(建保6)に侍所別当(さむらいどころべっとう)に就任。1221年(承久3)承久(じょうきゅう)の乱が勃発(ぼっぱつ)すると、叔父時房(ときふさ)とともに西上、京方を打ち破り、その後も在京して乱後の処理にあたった。これが六波羅探題(ろくはらたんだい)の始まりである。なお、この時期に高山寺の明恵(みょうえ)(高弁(こうべん))との親交が始まったものと思われる。1224年(元仁1)父義時の死により、鎌倉に帰って執権に就任した。このとき、継母伊賀氏は実子政村(まさむら)を執権にたてようとしたが、泰時は伯母政子(まさこ)の助力を得てこの企図を阻止した。翌年政子と大江広元(おおえのひろもと)が相次いで没すると、泰時は時房を連署(れんしょ)に迎え、さらに評定衆(ひょうじょうしゅう)を設置して合議的な政治運営を目ざし、1232年(貞永1)には御成敗式目(ごせいばいしきもく)を制定した。こうして泰時の代に、名実ともに執権政治が確立したのである。対朝廷関係では、協調関係を基調としつつも、承久の乱で流された後鳥羽(ごとば)・順徳(じゅんとく)両上皇の還京要求を拒否し、また四条(しじょう)天皇没後公家(くげ)側の意向に反して、後嵯峨(ごさが)天皇を推戴(すいたい)するなど強硬な一面ももっていた。1242年(仁治3)病のため出家し観阿(かんあ)と称したが、6月5日没した。道理を愛する清廉な政治家として、当時より公武双方の称賛を受け、後世長く武家政治の亀鑑(きかん)と仰がれた。

[近藤成一]

『上横手雅敬著『北条泰時』(1958・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほうじょう‐やすとき【北条泰時】
鎌倉幕府第三代執権。義時の子。初名頼時。承久の乱では、幕府軍の主将となって大勝し北六波羅探題として事後処理にあたる。元仁元年(一二二四)執権に就任すると評定衆を設置して合議制をとり、貞永元年(一二三二)には「御成敗式目」を制定した。法名観阿。寿永二~仁治三年(一一八三‐一二四二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

北条泰時
ほうじょうやすとき
1183〜1242
鎌倉幕府第3代執権(在職1224〜42)
義時の長子。法名観阿。1211年修理亮,ついで駿河守・武蔵守に任官。晩年左京権大夫を兼任する。'21年承久の乱に幕府軍の大将として上洛し,叔父時房とともに初代六波羅探題となる。'24年義時死後執権を継ぎ,翌'25年評定衆を設置して合議体制を展開。'32年御成敗式目を制定するなど,武家政権確立につとめた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北条泰時」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北条泰時の関連情報

関連キーワード

鎌倉幕府後鳥羽天皇上総広常斎藤実盛平知度藤原景高藤原光能俣野景久後鳥羽天皇斎藤実盛

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation