@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

北条砂丘【ほうじょうさきゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

北条砂丘
ほうじょうさきゅう
鳥取県中部,日本海岸にある砂丘。長さ約 12km,幅約 2km,標高 30m内外。湯梨浜町から北栄町にかけて広がる海岸砂丘で,海岸線に行する小砂丘群が並列しているのが特徴。海岸側には標高 7m以下の平坦な砂堆地形が幅広くみられる。第2次世界大戦後,天神川の河水を利用した畑地灌漑施設が完成し,ブドウ,タバコ,ナガイモなどの生産地となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうじょうさきゅう【北条砂丘】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

北条砂丘
ほうじょうさきゅう
鳥取県中央部、天神(てんじん)川河口の東西に発達した海岸砂丘で、東部では潟湖(せきこ)東郷(とうごう)池を抱く。東西約13キロメートル、幅1.6キロメートル、標高約30メートル内外で三砂丘列からなる。孤立峰茶臼(ちゃうす)山など安山岩類の旧島嶼(とうしょ)群を基盤とし、岩床上に下部から古砂丘層、大山(だいせん)新旧ローム層、黒ぼく層、黒砂(くろずな)層を挟む現砂丘層がのり、その下の長瀬高浜遺跡では弥生(やよい)~古墳期の大集落跡が発見された。砂丘裏の防砂風林列の南縁には農業集落がほぼ等間隔に立地し、沿海の砂丘裏には江戸末期の江北(えぎた)新田がある。砂丘は、天神川から取水する動力灌漑(かんがい)や圃場(ほじょう)整備、国道9号バイパスの開通などにより、葉タバコ、砂丘ナガイモ、ブドウの集団産地化し、東部は東郷湖羽合(はわい)臨海公園となっている。[岩永 實]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北条砂丘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北条砂丘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation