@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

北枕【キタマクラ】

デジタル大辞泉

きた‐まくら【北枕】
枕を北に置いて寝ること。釈迦涅槃(ねはん)のときを北に、顔を西に向けて臥(ふ)したといわれることから、死者を寝かせるときの作法とされる。ふつう不吉として忌む。
フグ科の海水魚全長約20センチ。背面灰褐色で、暗色の斑紋があり、腹面は青紫色。皮膚肝臓などにがある。本州中部以南の浅海分布

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葬儀辞典

北枕
遺体を安置するとき頭を北向きにします。釈迦入滅の際の姿勢にならったものです。部屋都合で北ができないときは、西枕にします。

出典:葬儀ベストネット
Copyright Interlink. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、内容は地域・宗派によって異なる場合があります。

世界大百科事典 第2版

きたまくら【北枕】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

北枕
きたまくら

頭を北に向けて寝ること。頭北面西右脇臥(きょうが)といい、釈迦(しゃか)の入滅(にゅうめつ)(死ぬこと)のときの姿勢で、寝釈迦像もそのようにつくる。仏家の臥法だともいう。人が死ぬとすぐ、入棺までの間、北枕に寝かせておくので、日常は、北枕に寝ることを縁起が悪いとして忌む。

[井之口章次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

北枕 (キタマクラ)
学名:Canthigaster rivulata
動物。フグ科の海水魚

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きた‐まくら【北枕】
〘名〙
① 枕を北に向けて寝ること。釈迦が涅槃(ねはん)の時、頭を北にし、顔を西に向けて臥したことから、特に死者を、枕を北にして寝かせること。普通には、これを忌む。
※彌勒上生経賛平安初期点(850頃)「釈迦の北首(キタマクラ)にして」
※太平記(14C後)一「腹十文字にかき切て、北枕にこそ臥たりける」
② 婚礼の夜、夫婦が北へ枕を向けて寝ること。〔俚言集覧(1797頃)〕
③ フグ科の海産魚。全長約二〇センチメートルになる。食べると死んで北枕になるからという俗信からこの名が出たと思われるが、本種の皮膚は強毒、肝臓と腸は弱毒、卵巣と肉は無毒。体色は変異が大きいが、一般に暗褐色で、背方に多くの青緑色の不定形細線がある。幼魚は暗灰色で二本の暗褐色の縦帯がある。本州中部以南の暖海に分布。岸近くに普通単独ですむ。食用にはしない。《季・冬》 〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕
④ 魚「あかめふぐ(赤目河豚)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北枕」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北枕の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation