@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

北極星【ほっきょくせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

北極星
ほっきょくせい
polestar; Polaris
こぐまα星 (ポラリス ) 。現在,天の北極からわずか1°近くの位置にあり,天の北極を中心に小さい半径で日周運動をしている。昔から航海の目標として最も重要な存在であった。比較的明るく,光度 2.0等。ただし歳差運動によって天の北極が移動するので,時代がたつと北極星は移り変る。 5000年前にはりゅう座α星が北極星で,1万 2000年後にはこと座α星 (ベガ織女星) が北極星になると計算されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほっきょく‐せい〔ホクキヨク‐〕【北極星】
小熊座α(アルファ)星天の北極近くに輝き、北の方角目印になる。光度は2.0等で、連星。距離は433光年。ポラリス。北辰(ほくしん)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

北極星
サッポロビールが販売する焼酎の商品名。自社製造のコーン原料の焼酎と福岡県の自社焼酎蔵、楽丸酒造製造の麦原料の焼酎をブレンドした甲類焼酎

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほっきょくせい【北極星 polar star】
こぐま座のα星。ポラリスPolalisともいう。これはラテン名ステラ・ポラリスの略である。中世ヨーロッパではステラ・マリス(〈海の星〉の意)の呼称も流布していた。北の方位を知る重要な星のため,さまざまな別称がある。日本では,〈ねのほし〉,〈北のひとつぼし〉などの名で知られる。天の北極の位置は,歳差のため少しずつ移動する。3000~2000年ほど前の北極星はコカブ(こぐま座β星)であり,1万2000年後にはベガになるはずである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほっきょくせい【北極星】
小熊座のアルファ星のこと。光度は実視等級1.95等から2.05等までに変光するケフェウス型変光星。距離430光年。天の北極の近くにあるため、北極の位置を示すのに有用。北極様ほつきよくさま。北辰。妙見みようけん。子の星。北のひとつ星。めあて星。方角星。芯星しんぼし。ポラリス。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

北極星
ほっきょくせい
Polaris
こぐま座のα(アルファ)星。天の北極(地球自転軸を北側に延長した方向)のすぐ近くに位置する明るい星なので、この漢名がある。別の漢名「北辰(ほくしん)(辰は星の意)」も古くから日本に伝わり、このほかに和名としては「子の星(ねのほし)(子は十二支で北のこと)」「一つ星(ひとつぼし)」などがある。英語のポラリスは「極の星 stella polaris」のラテン名に由来。日周運動でほとんど動かず、いつもほぼ真北に見えているので、昔から方位を定めるのに利用されてきた。実視等級はほぼ2.0等で、距離は約430光年。天球上の位置は2000年分点で、赤経2時32分、赤緯プラス89度16分である。望遠鏡で見ると、ごくそばに暗い8.6等星が見え、実視連星を形成する。伴星(B星)はスペクトル型F3の主系列星(表面温度約6800K、質量は太陽の約1.5倍、半径は約1.4倍)である。さらに、北極星の本体自身が分光連星であり、主星(A星)は、スペクトル型F8の超巨星(表面温度約5800K、質量は太陽の6倍程度、半径は約80倍)、伴星(P星)は、スペクトル型F0の主系列星(表面温度約7300K、質量は太陽の約1.5倍程度、半径も約1.5倍)である。A星とP星は公転周期30.46年で離心率0.63の楕円(だえん)軌道を描いて互いに回っている。主星のF8型超巨星は脈動変光星で、3.9697日の周期で膨張・収縮を繰り返している。約100年前は変光幅が0.15等ほどあったが、最近では0.05等程度に減少し、また脈動周期もこの100年間で5分余り長くなった。北極星は全体として毎秒17キロメートルで太陽系に近づきつつある。地球の歳差運動のため地球の自転軸の方向(天の北極)は天球に対して徐々に移動している。天の北極の位置は2000年の時点で北極星から角度で約4分の3度離れているが、2100年ころには約2分の1度まで近づき、その後はしだいに北極星から離れてゆく。そのため北極星が北極の星としての意味をもつのは、あと1000年ぐらいであろう。[岡崎 彰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほっきょく‐せい ホクキョク‥【北極星】
天の北極付近に位置する明るい星。現在は天の北極と約一度離れた所にある光度二・〇等の小熊座のα(アルファ)星がこれに当たり、方位を定めるときの指針とする。また、仏教では神格化して妙見菩薩とし、北斗七星をその眷属とする。子(ね)の星。北辰。ポラリス。北極天。〔日本書紀兼倶抄(1481)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北極星」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北極星の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation