@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

北欧学派【ほくおうがくは】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

北欧学派
ほくおうがくは
Stockholm school
スウェーデンのストックホルムを中心とした近代経済学の一学派ストックホルム学派スウェーデン学派またはスカンジナビア学派ともいう。創始者はクヌート・ウィクセルとグスタフ・カッセルで,ウィクセルは経済変動理論において優れた業績を上げ,オーストリア学派ケンブリッジ学派に影響を及ぼし,またカッセルは国際経済学の分野で購買力平価説を唱えるなど,現実経済の分析や経済理論の適用,普及に努めた。彼らの学風は,グンナー・ミュルダールやエリック・R.リンダール,ベルティル・G.オリーンらに受け継がれ,特にウィクセルの累積過程分析の延長線上での貨幣的景気理論の面で貢献が多く,継起分析(期間分析)の採用や,事前と事後峻別(→事前事後分析),貯蓄・投資による巨視的分析の採用などがその特徴とされる。また第2次世界大戦後は福祉国家や発展途上国についての理論や政策の分野でもめざましい業績を上げている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほくおうがくは【北欧学派】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほくおうがくは【北欧学派】
経済変動の動的過程の考究を主眼におく経済学の学派。自然利子率と市場利子率の不一致による物価の累積的変動理論を唱えたウィクセル、購買力平価説を唱えたカッセル、二人のスウェーデンの経済学者に始まる。スウェーデン学派。ストックホルム学派。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

北欧学派
ほくおうがくは
Scandinavian school
J・G・K・ウィクセルおよびG・カッセルを始祖とする経済学の学派。スウェーデンのストックホルムを中心とするので、ストックホルム学派Stockholm schoolあるいはスウェーデン学派Swedish schoolともいう。ノルウェーのオスロ大学のR・A・K・フリッシュやT・ホーベルモなどは、オスロ学派Oslo schoolともよばれるが、広く北欧学派に含められる。ストックホルム学派は、ウィクセルの流れとしてのE・R・リンダール、E・F・ルントベリーらと、カッセルの流れとしてのK・G・ミュルダール、B・G・オリーンらに区分されたこともあるが、最近では必要あるまい。
 北欧学派は理論的に優れた業績をあげているのみでなく、その視野が広くて社会学的、心理学的、制度主義的な研究にも優れ、かつその態度は実践的であって、景気変動、物価、財政、福祉、国際経済などの諸分野において優れた政策的立言もみられる。かくてこの学派はさまざまの分野で経済学の発展に貢献している。始祖ウィクセルはM・E・L・ワルラスの一般均衡理論とベーム・バベルクの資本理論を導入・展開するほか、有名な彼の「累積過程の理論」で動学分析の手法を示したが、彼はまた現実の諸問題にも深い関心を示した。カッセルは一般均衡理論を追究し、景気変動の実証分析に努めたが、購買力平価説を説いたのも彼である。そのほか、リンダールは貨幣的景気理論、一般均衡理論の動学化、公共政策理論で、ルントベリーは景気循環論で、オリーン(1977年ノーベル経済学賞受賞)は国際経済論で優れた業績を示したが、さらに彼らによる「期間分析」や「事前・事後分析」の手法の貢献も大きい。またミュルダール(1974年ノーベル経済学賞受賞)は、初期には『貨幣的均衡論』(1931)、『経済学説と政治的要素』(1930)を著したが、その後の活動は幅広く、人種問題、貧困問題、開発途上国問題等を論じ、『福祉国家を越えて』(1960)、大著『アジアのドラマ』(1968)を世に送り、さらに『反主流の経済学』(1972)では現代の経済学を鋭く批判している。オスロのフリッシュ(1969年第1回ノーベル経済学賞受賞)は、後継者ホーベルモ(1989年ノーベル経済学賞受賞)とともに、計量経済学の分野などで優れた業績を示している。[佐藤豊三郎]
『J・G・K・ウィクセル著、堀経夫・三谷友吉訳『国民経済学講義』全2冊(1938、1939・高陽書院) ▽J・G・K・ウィクセル著、北野熊喜男訳『価値・資本及び地代』(1986・日本経済評論社) ▽T・W・ハチスン著、長守善他訳『近代経済学史』全2冊(1953・東洋経済新報社) ▽青山秀夫著『剣橋学派及び北欧学派の経済変動理論』(1953・創文社) ▽T・ホーヴェルモー著、山田勇編・訳『計量経済学の確率的接近法』(1955・岩波書店) ▽G・ミュルダール著、S・キング編、板垣与一監訳『アジアのドラマ』全2冊(1974・東洋経済新報社) ▽鈴木諒一著『北欧学派――その資本理論の研究』(1976・泉文堂) ▽辻村和佑著『資産価格と経済政策――北欧学派とケインズの視点』(1998・東洋経済新報社) ▽藤本利躬著『経済政策とインプリメンテーション――フリッシュ研究』(1999・御茶の水書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほくおう‐がくは【北欧学派】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北欧学派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北欧学派の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation