@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

北洋材【ほくようざい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

北洋材
ほくようざい
Siberian timber
北方材ともいう。通常はロシア (旧ソ連) 材のことで,沿海州 (プリモルスキー地方) やサハリン島を中心とする地方で産する木材。また北朝鮮満州 (現中国東北地方) ,北海道産のものを含めていう場合もある。えぞ,とど松,唐松などの針葉樹大半を占め,建築用,土木用,梱包材として使われる。北洋材の輸入は明治年間から行われていた。なお,ロシア材貿易については品質管理や安定供給などの未整備の問題を多く抱えるため,現在伸び悩み状態にあり,今後の調整が期待される。 1989年の年間輸入量は 551万m3で,日本の輸入材の 13%を占めている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農林水産関係用語集

北洋材
ロシアから日本に輸入される木材の総称。北洋カラマツ等。

出典:農林水産省

世界大百科事典 第2版

ほくようざい【北洋材】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

北洋材」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北洋材の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation