@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

北海道大学【ほっかいどうだいがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

北海道大学
ほっかいどうだいがく
国立大学法人総合大学。明治5 (1872) 年東京に設置された開拓使仮学校起源とし,1876年札幌農学校,1907年東帝国大学農科大学,1918年北海道帝国大学,1947年学制改革により付属農林専門部,函館高等水産学校,付属医学専門部を統合して,1949年新制の北海道大学となった。その後学部改組増設を重ね,現在は文学,教育学,法学,経済学,理学,医学,歯学薬学工学農学,獣医学,水産学の 12学部を置く。 1953年大学院設置。低温科学,遺伝子病制御などの研究所を併設している。本部は北海道札幌市北区北8条西。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほっかいどう‐だいがく〔ホクカイダウ‐〕【北海道大学】
札幌市北区に本部がある国立大学法人。明治9年(1876)創設札幌農学校を起源とする。東北帝国大学農科大学を経て、大正7年(1918)旧制の北海道帝国大学となり、昭和24年(1949)予科・専門部・函館水産専門学校などを統合して新制大学に移行。平成16年(2004)国立大学法人となる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほっかいどうだいがく【北海道大学】
札幌市北区に本部をおく旧制帝大系の国立総合大学。1872年(明治5)東京に設立された開拓使仮学校に発する札幌農学校(1876開校)が起源。1907年東北帝国大学農科大学となったが,18年分離独立して北海道帝国大学農科大学として設置された(初代総長は農学の佐藤昌介)。農学科,農芸化学科,林学科,畜産学科の4学科に大学予科など,基本的な学科構成は東北帝大時代のものを継承し,土木専門部と水産専門部を付属させた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほっかいどうだいがく【北海道大学】
国立大学の一。札幌農学校として1876年(明治9)発足。1907年、東北帝国大学農科大学を経て、18年(大正7)独立して北海道帝国大学となる。49年(昭和24)函館水産専門学校・予科・付属農専などを吸収し新制大学となる。本部は札幌市北区。北大。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

北海道大学
ほっかいどうだいがく
国立大学法人。起源は1876年(明治9)創設の札幌農学校(創設者クラーク)に発する。農学校は1907年(明治40)東北帝国大学農科大学となるが、1918年(大正7)独立して北海道帝国大学設立の母体となる。その後、医学部(1919)、工学部(1924)、理学部(1930)の増設により、日本有数の帝国大学に発展。また第二次世界大戦前期に予科をもつ帝国大学として知られていた。戦後は1947年(昭和22)法文学部を増設、1949年学制改革により、旧制北海道大学、同附属医学専門部、同附属農林専門部、函館(はこだて)高等水産学校を包括し、法文学、教育学、理学、医学、工学、農学、水産学の7学部からなる新制国立大学となる。その後、文学部(1950。旧、法文学部)、獣医学部(1952)、法学部・経済学部(1953。旧法経学部)、薬学部(1965)、歯学部(1967)の増設をみて、学部数の多い総合大学(12学部)に発展。2010年(平成22)時点で、大学院には文学、法学、経済学、医学、歯学、獣医学、情報科学の7研究科、水産科学、環境科学、理学、農学、生命科学、教育学、国際広報メディア・観光学、保健科学、工学、総合化学の10学院、水産科学、地球環境科学、理学、薬学、農学、先端生命科学、教育学、メディア・コミュニケーション、保健科学、工学の10研究院のほか公共政策学教育部および公共政策学連携研究部が置かれる。附置研究所として、戦前期に設立をみた低温科学研究所、電子科学研究所(旧、応用電気研究所)のほか、戦後設置された免疫科学研究所(旧、結核研究所)が改組した遺伝子病制御研究所がある。また学部附属教育研究施設としては、地震火山研究観測センター、触媒化学研究センター、スラブ研究センターなどユニークな約30の研究施設がある。2004年4月、国立大学法人法の施行に伴い、国立大学法人となる。本部は札幌市北区北8条西5。[馬越 徹]
『北海道大学編『北大百年史 部局史 札幌農学校史料1、2』(1980、1981・ぎょうせい) ▽北海道大学編『北大の125年』(2001・北海道大学図書刊行会) ▽北海道大学編『北大125年 写真集』(2002・北海道大学図書刊行会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の大学ブランド商品

北海道大学
[国立、北海道札幌市北区]
[設置者]国立大学法人 北海道大学
[沿革・歴史]1869(明治2)年7月、開拓使を設置。1872(明治5)年4月、開拓使仮学校が開校。1875(明治8)年7月、札幌学校と改称。1876(明治9)年8月、札幌農学校と改称。1907(明治40)年6月、東北帝国大学農科大学と改称。1918(大正7)年4月、北海道帝国大学農科大学と改称。1919(大正8)年2月、北海道帝国大学農学部と改称。1947(昭和22)年10月、北海道大学と改称。2004(平成16)年4月、国立大学法人北海道大学となる。
[キャンパス]札幌キャンパス(札幌市北区)/函館キャンパス(函館市)
[マーク類]1996(平成8)年9月、同年が1876(明治9)年の札幌農学校から創基120周年にあたることから、1950(昭和25)年の公募入選作品を修正を加え、正式にシンボルマークとして決定。校内に自生しているユリ科の多年草・エンレイソウを図案化したもの。ロゴタイプと合わせたロゴマークもある。また、2006(平成18)年4月、広報活動の一環として「コミュニケーションマーク」を制定、大学オリジナルグッズに付して使用している。同年が創基130周年にあたることから、北海道大学の位置を中心に北海道を130度回転させた軌跡のデザインとなっている。2007(平成19)年1月商標登録済(第5017093号)。
[ブランド一覧]
エンレイソウネクタイ | 置時計 | オリジナルキャンパスバッグ | ガゴメコンブ | 札幌農學校 | 水産放浪歌 | 総合博物館オリジナルグッズ | 永遠の幸 | 新渡戸稲造BUSHIDOキャラメル | 函館がごめ雑炊 | はすかっぷちゃん | 北晨寮逍遙歌 | 北大のハルニレで作ったお箸 | 北大のハルニレボタンのお箸袋 | BOXティッシュ | ポプラ並木(大吟醸) | ポプラ並木(特別純米) | ポプラの黒板消しストラップ | マグカップ | 都ぞ弥生 | 雪の天使たち(梅酒) | 雪の天使たち(ブルーベリーリキュール) | 北海道大学認定オリジナルグッズ(文房具) | 北海道大学認定オリジナルグッズ(ミズナラグッズ)
(注)記載内容は事典編集当時(2010年2月)のものです。内容・価格等はその後に変更になった場合もあります。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の大学ブランド商品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほっかいどう‐だいがく ホクカイダウ‥【北海道大学】
北海道札幌市北区に本部のある国立の総合大学。明治九年(一八七六)創立の札幌農学校を前身とする東北帝国大学農科大学に始まる。大正七年(一九一八)北海道帝国大学として設立。昭和二四年(一九四九)付属の医学、農林両専門部と函館水産専門学校とを合併して新制の大学となる。北大。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北海道大学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北海道大学の関連情報

関連キーワード

ダンディ富岡製糸場日本郵便制度史(年表)富岡製糸場アルルの女アルルの女ムソルグスキーモンクラランド竹本長十郎

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation