@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

北虜南倭【ほくりょなんわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

北虜南倭
ほくりょなんわ
Bei-lu Nan-wo; Pei-lu Nan-wo
中国,代に南北から受けた外民族の侵攻。北虜とは明の北辺を侵略したモンゴル人,南倭とは南東沿海地方を略奪した倭寇 (わこう) のこと。正統 14 (1449) 年オイラート (瓦剌)の部長エセン (也先)が北辺に侵入したとき,明は土木堡で大敗したが (→土木の変 ) ,それ以来モンゴル族の侵入は絶えず,明では長城築するなどしてこれにそなえた。のちモンゴルではタタール部にダヤン・ハン (達延汗)が出て急速に勢力を拡大し,孫のアルタン (俺答)は嘉靖 21 (1542) 年頃から大挙して明に侵入し,殺戮略奪をほしいままにした。また沿海地方では国初から倭寇の侵略があったが,一時中絶し,嘉靖年間 (22~66) に入ると再び活発化し,華中,華南の沿海地方は大被害を受けた。特にこの後期倭寇は活動が激しく,北虜と並称されて明に対する重大な脅威となった。その構成員はむしろ日本人は少く,中国人が8~9割を占め,武装した密貿易商人の集団で,彼らは明の海禁政策に反抗した。のち彼らは私貿易の公許をかちとり,以後中国人の海外出航貿易は大いに発展するが,一方日本では豊臣秀吉が統一を達成すると倭寇を厳禁したので,ようやくその跡を絶った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほくりょ‐なんわ【北虜南×倭】
15~16世紀、中国の朝を悩ませた外敵、北から侵入したモンゴル族と、東南海岸を荒らした倭寇(わこう)の称。南倭北虜

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほくりょなんわ【北虜南倭 Běi lǔ Nán wō】
中国,明代に国の南北から受けた外民族による侵寇。北虜とは明を北方から侵略したモンゴル族のこと。南倭とは東南沿海を侵略した倭寇を指す。1449年(正統14),オイラート部のエセンが侵寇して土木の変を引き起こし,明は大きな打撃を受けた。それ以来北辺へのモンゴル族の侵入は絶えず,明は万里の長城を修築してこれに備えた。16世紀半ばにはタタール部のアルタン・ハーンがしきりに中国を侵略し,北京を数十日包囲したこともあった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほくりょなんわ【北虜南倭】
中国の明代、北方から侵略したオイラートやタタールのモンゴル族と南方から侵略した倭寇わこう。被害が大きく明朝の基礎が動揺した。南倭北虜。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

北虜南倭
ほくりょなんわ
中国、明(みん)代後半に南北から受けた外患。モンゴルのダヤン・ハンの子孫グンビリク・メルゲン・ジノン(オルドス部)、アルタン・ハン(トメット部)、クンドレン・ハン(ハラチン部)、トメン・ハン(チャハル部)らは1520年代から約50年間、東は遼東(りょうとう)から西は寧夏(ねいか)までの北辺を寇掠(こうりゃく)し、首都北京(ペキン)が包囲されたこともある。これが北虜である。また南倭とは、ほぼ同じ時期に揚子江(ようすこう)河口以南、福建、広東(カントン)の沿岸地方を寇掠した倭寇(わこう)をいう。しかしこのころのいわゆる後期倭寇の8~9割は中国人で、その性格は密貿易、武装商人的なものであった。北虜南倭に基づく軍事費の負担によって明の国力は消耗し、滅亡の一因となった。[青木富太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほくりょ‐なんわ【北虜南倭】
〘名〙 明代後期、中国を悩ませた外敵。すなわち北方に侵入した蒙古族と、南方の海岸を荒らした倭寇。南倭北虜。〔五雑俎‐事部三〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

北虜南倭
ほくりょなんわ
北虜とは明代に北方から侵入したモンゴル人,南倭とは東南の海岸を荒らした倭寇 (わこう) のこと
北虜には土木の変を起こしたオイラートのエセン,タタール(韃靼)のダヤンハン・アルタン=ハンの侵入があり,倭寇は16世紀に特にはげしく,この両者による被害は明の衰亡を招いたという。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北虜南倭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北虜南倭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation