@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

北蝦夷図説【きたえぞずせつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

北蝦夷図説
きたえぞずせつ
一名『銅柱餘録』。4巻。間宮倫宗口述,秦貞廉編として安政2 (1855) 年刊行された。間宮倫宗が文化5 (1808) 年から2ヵ年にわたって樺太 (サハリン) の北端近くまで探検したおりの見聞を記録したもので,樺太先住民の風俗誌としてまとまった最初のものである。地勢産物,居家,器械,産業,交易,冠婚,葬祭,南方初島郡,オロッコ夷,スメレンクル夷などの各部から成る。原本あるいは原本に近いと思われる写本『銅柱餘録』の挿図,付図は正確で巧み,よく樺太先住民の様相を伝えているが,刊本の図は浮世絵師の筆になり,改変されて真実味を欠いている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北蝦夷図説」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北蝦夷図説の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation