@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

北見[市]【きたみ】

世界大百科事典 第2版

きたみ【北見[市]】
北海道北東部の市。1942年野付牛(のつけうし)町が改称,市制。人口11万0452(1995)。北見盆地の中心に位置し,常呂(ところ)川と無加川合流点に発達した地方中心都市で,1897年キリスト教徒を幹部とする土佐の移民団体北光社がこの地に入植し,開拓を始めた。また97年から翌98年にかけて根室から約600戸の屯田兵が入植し,本格的な開拓が進められた。盆地の中心に位置することから道路交通,鉄道交通の要地となり,第2次大戦前後から人口が急増した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

北見[市]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北見[市]の関連情報

関連キーワード

レジスタンス文学森一生ガダルカナルの戦い国際オリンピック委員会東条英機内閣リーン朝鮮人強制連行問題アントニー ビーバー第2次世界大戦アンガー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation