@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

北部【ほくぶ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

北部
ほくぶ
熊本県中部,熊本市部の地区。旧町名。 1991年熊本市に編入スイカメロン野菜施設園芸が盛んな一方,住宅地化も進んでいる。釜尾には彩色文様のある装飾古墳である釜屋古墳があり,史跡に指定。付近金峰山県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほく‐ぶ【北部】
その地域の北よりの部分

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほくぶ【北部】
熊本県中央部,飽託(ほうたく)の旧町。1991年飽託郡の他の3町とともに熊本市へ編入。旧町域の南西部は金峰(きんぽう)山(665m)北東麓の山地,中部から東部にかけては開析の進んだ洪積台地が広がる。鹿児島本線,国道3号線が通じる。中世には鹿子木(かのこぎ)荘,近世には熊本藩飽田郡五町手永に属した。主産業は野菜栽培と米作を中心とする農業で,近年はスイカやメロンの栽培が盛んである。国道沿いに工場が進出している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほくぶ【北部】
北の方の部分。 ⇔ 南部

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

北部
ほくぶ
熊本県熊本市北区の一地区。旧北部町。1991年(平成3)熊本市に編入。西端部の更新世(洪積世)末期火山岩の金峰(きんぽう)火山北東山麓(ろく)を除けば、ほとんど段丘礫層(れきそう)の肥後台地からなる。さらに台地は、ほぼ南北に流走する坪井川と井芹(いせり)川の開析によって、東部、中部、西部の三台地に分断され、東部の台地上を九州自動車道が、中部の台地上を国道3号が、井芹川の開析谷をJR鹿児島本線が、それぞれ南北方向に走っている。河谷平地には水稲が、台地には雑木林の間に陸稲、麦、クワがみられるのが伝統的な土地利用であったが、昭和40年代後半から著しく普及したハウス栽培によってスイカ、メロン、野菜の促成栽培産地となっている。旧北部町は熊本市からの工場、事業所、さらに住宅の進出も目覚ましく、ベッドタウンとしての性格も強まりつつあった。釜尾古墳(かまおこふん)は装飾古墳で、国指定史跡である。[山口守人]
『『北部町史』(1980・北部町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほく‐ぶ【北部】
〘名〙 北方の部分。北の地方。
※輿地誌略(1826)五「北部の人は法教の深義を知ずと雖も、羅瑪教に因循するを免れず」 〔後漢書‐南匈奴伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北部」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北部の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation