@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

北野武【きたのたけし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

北野武
きたのたけし
[生]1947.1.18. 東京
映画監督,俳優,作家,タレント。明治大学工学部在学中に浅草のストリップ劇場「フランス座」でコメディアンとなり,大学は中退。 1973年,そこで知り合った兼子きよしと漫才コンビ「ツービート」を結成。ビートたけしと名のる。おりからの漫才ブームに乗り,「赤信号,みんなで渡れば恐くない」「寝る前にちゃんとしめよう親の首」などのブラック・ユーモアで人気を得た。 76年 NHK漫才コンクール優秀賞受賞。『オールナイトニッポン』など多くのラジオ・テレビ番組で活躍し,漫才ブームが過ぎ去ってもその人気にかげりはなかった。 83年の『戦場のメリークリスマス』 (大島渚監督) から,シリアスなドラマへの出演が増し,また『たけしくん,はい』など小説,エッセーの著作も手がけた。 89年『その男,凶暴につき』から監督,俳優として映画制作にたずさわり,『HANA-BI』 (1998) では,黒沢明稲垣浩に次いで日本人監督としては3人目となるベネチア国際映画祭サン・マルコ金獅子賞 (グランプリ) を受賞。その他監督作品に『3-4x 10月』 (90) ,『あの夏,いちばん静かな海』 (91) ,『ソナチネ』 (93) ,『みんな~やってるか!』 (95) ,『キッズ・リターン』 (96) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きたの‐たけし【北野武】
[1947~ ]タレント・俳優・映画監督。東京の生まれ。芸名ビートたけし。漫才コンビ「ツービート」で人気を集め、個性派俳優としても活躍。深作欣二(ふかさくきんじ)が降板した映画「その男、凶暴につき」で監督デビューし、斬新な暴力の描写が話題となる。平成9年(1997)「HANA-BI」でベネチア国際映画祭グランプリ(金獅子賞)を受賞。静寂な映像の中に死の影を漂わせた独特な手法が海外でも高く評価される。「キタノブルー」と呼ばれる青の色使いが特徴。作「ソナチネ」「キッズ・リターン」「座頭市」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

北野武 きたの-たけし

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

北野武
きたのたけし
(1947― )
映画監督。東京に生まれる。漫才師、コメディアン、タレント、俳優としてテレビ、映画での人気をきわめ、わが国の芸能界最大のスターの一人である。1989年(平成1)、『その男、狂暴につき』で映画監督としてデビューした。その後、『3-4x10月』(1990)、『あの夏、いちばん静かな海』(1991)、『ソナチネ』(1993)、『キッズ・リターン』(1996)など、一作ごとに特異な作風が注目を集め、イギリスなど、「お茶の間のビートたけし」を知らない国の人々がその芸術性を純粋に高く評価したこともあって、現代日本映画を代表する映画監督として世界に知られるようになった。「静かな凶暴さ」ともいうべき、彼の繊細でどこか視線恐怖症的な映画スタイルは、1997年の『HANA-BI』でも存分に発揮され、ベネチア国際映画祭グランプリ(金獅子賞)を獲得、映画作家としての国際的名声を不動のものとした。2003年にも、主演・監督した『座頭市』で同映画祭の銀獅子賞(監督賞)を受賞している。[岡島尚志]

資料 監督作品一覧

その男、凶暴につき(1989)
3-4x10月(1990)
あの夏、いちばん静かな海。(1991)
ソナチネ(1993)
みんな~やってるか!(1995)
キッズ・リターン(1996)
HANA-BI(1997)
菊次郎の夏(1999)
BROTHER(2001)
Dolls ドールズ(2002)
座頭市(2003)
TAKESHIS'(2005)
監督・ばんざい!(2007)
それぞれのシネマ~「素晴らしき休日」(2007)
アキレスと亀(2008)
アウトレイジ(2010)
アウトレイジ ビヨンド(2012)
『淀川長治責任編集『北野武(フィルムメーカーズ 2)』(1998・キネマ旬報社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北野武」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北野武の関連情報

関連キーワード

カザン(Elia Kazan)新藤兼人カシミールジュネイーグルス2025年問題ロジンスキー日野T11B+T25型トレーラーバスみずしま3輪 TM3A国家行政組織法

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation