@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

北野【きたの】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

北野
きたの
福岡県南西部,久留米市北東部の旧町域。筑紫平野東部にある。 1901年町制。 1955年弓削村,大城村,金島村の3村と合体。 2005年久留米市に編入。中心地区北野神社門前町として発達。大部分耕地が占め,筑後地方の米の主産地をなす。裏作菜園芸も行なわれる。筑後川右岸の低地にあり,古くからしばしば水害に見舞われた。塚島古墳,持田古墳などの遺跡がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北野
きたの
京都市の市街地北西部,北野神社付近の地区。上京区北区にまたがる。地名平安京大内裏の北側にあった野のであるといわれる。菅原道真をまつる天満宮は 10世紀中頃の創建で,太宰府天満宮とともに,全国の天満宮の総社。天正 15 (1587) 年豊臣秀吉が大茶会を開いた。毎月 25日には参道一帯に縁日が開かれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きたの【北野】
京都市上京区北西部の地名。北野天満宮がある。名は大内裏の北の野の意。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きたの【北野】
京都市上京区にある地名。古代の京都周辺にあった平野(ひらの),紫野などの野のうちの一つ。平安京の北郊にあたるところから北野と称された。早くは遊猟地として文献に見えているが,やがて京都の発展にともなって都市域が拡大していって人家が北野にも進出した。しかし以降も郊外の野であることに変りなく,農村的な地域として終始した。また古くから天神地祇とくに雷神をまつる聖地でもあった。平安時代の中ごろに菅原道真をまつる天神がこの地に作られた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

きたの【北野】
[一] 京都市上京区、紙屋川(天神川)と七本松通、一条通と神明町の間の地区。平安京大内裏(だいだいり)の北端にあたり、古くは大内裏の上水が流れていたため、庶民の居住が禁じられていたという。北野神社(北野天満宮)があり、中世にはその神領だった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きたの【北野】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北野」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北野の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation