@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

北面の武士【ほくめんのぶし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

北面の武士
ほくめんのぶし
平安時代,御所北面 (きたおもて) にいて,院中を警固した武士。四位,五位のものを上北面,六位のものを下 (げ) 北面といった。白河上皇のとき,設置された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほくめん‐の‐ぶし【北面の武士】
院の御所の北面に詰め、院中の警備にあたった武士。白河上皇の時に設置され、院直属の武力として重きをなした。北面の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほくめんのぶし【北面の武士】
北面とは,院の御所の北面を詰所として上皇の側近に仕え,身辺の警衛あるいは御幸供奉(ぐぶ)した地下(じげ)の廷臣衛府の官人らをいう。院司の一つで院の北面とも。白河院政開始後ほどなく創設され,はじめのうちは〈御寵童〉なども含んでいた。諸大夫以上を上(しよう)北面,五,六位の譜代の侍を下(げ)北面と呼ぶ。下北面は白河院死去のときに合わせて80余人に及んでいたが,そのなかには武士が多くとりこまれていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社日本史事典 三訂版

北面の武士
ほくめんのぶし
1095年,白河上皇の院政時代に設置された院司
院御所の北面で院の警衛にあたった。員数は不定。四〜六位の者が任命され,上皇に直属し院政を支える武力となる。この設置が武士の中央進出の契機となった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北面の武士」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北面の武士の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation