@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

北風【キタカゼ】

デジタル大辞泉

きた‐かぜ【北風】
北方から吹いてくる冷たい。きた。 冬》「―や石を敷きたるロシア町/虚子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほく‐ふう【北風】
北から吹く風。きたかぜ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

北風
日本のポピュラー音楽シンガーソングライター、槙原敬之。1991年発売。翌年タイトルを「風~君にとどきますように~」のタイトルでアレンジを変更し再発売された。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

北風
きた

北風を略して北(きた)ということがある。北風は南風に比較して寒冷であり、日本では冬は北寄りの風がその天候を支配する。これは大陸から日本海、東シナ海を吹き渡ってくる風であり、その発源地の内陸においては乾燥していて低温である。

[根本順吉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きた‐かぜ【北風】
〘名〙
① 北の方角から吹いてくる冷たい風。きた。きたうち。《季・冬》
※土左(935頃)承平五年一月二五日「かぢとりらの、『きたかぜあし』といへば」
※俳諧・猿蓑(1691)五「いちどきに二日の物も喰て置〈凡兆〉 雪げにさむき嶋の北風〈史邦〉」
② (「北」は江戸城の北方に当たる新吉原をいい、そこをさまよう者の意から) 遊里通いをする者をあざけっていう語。〔随筆・足薪翁記(1842頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほく‐ふう【北風】
〘名〙 北の方から吹く風。朔風。きたかぜ。
※万葉(8C後)一八・四一三二・題詞「身異胡馬、心悲北風」 〔詩経‐邶風・北風〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北風」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北風の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation