@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

匝瑳(市)【そうさ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

匝瑳(市)
そうさ

千葉県北東部にある市。2006年(平成18)、八日市場市(ようかいちばし)、匝瑳郡野栄町(のさかまち)が合併して成立。市名は匝瑳郡の郡名による。北東は旭(あさひ)市、北は香取(かとり)市、北西は香取郡多古(たこ)町、南西は山武(さんぶ)郡横芝光(よこしばひかり)町に接し、南東は太平洋に臨む。市域は南東部の九十九里浜の海岸砂浜とそれに続く九十九里平野、下総台地からなる。中央部をJR総武(そうぶ)本線と国道126号が走り、126号からは船橋(ふなばし)市に向かう296号が分岐する。縄文時代の貝塚が多くみられ、丸木舟が出土した遺跡も多い。台地上では5~7世紀に古墳が築造された。中世にかけて、市域は匝瑳南条荘、同北条荘、千田(ちだ)荘などに属し、房総平氏の上総氏系の匝瑳氏、下総国司を歴任した為光流藤原氏が勢力を伸ばしていた。鎌倉時代以降には千葉氏と一族の椎名(しいな)氏、鏑木(かぶらき)氏、押田(おしだ)氏、飯高(いいだか)氏などが蟠踞。八日市場は交通の要衝で、16世紀後半には定期市が開設され、市場町として発展。江戸時代は幕府領、旗本知行の村が多かった。市の北東部は湾入していた椿(つばき)海を干拓して開いた「干潟八万石(ひかたはちまんごく)」とよばれる地域の一角をなす。1951年(昭和26)に竣工した大利根用水(おおとねようすい)によって、九十九里平野の水田農業は安定した。現在は米作を中心にゴボウ、ネギなどの野菜生産のほか、マキなどの植木栽培、養豚も盛ん。成田国際空港に近く、八日市場工業団地や住宅地が造成されている。県立九十九里自然公園に指定される海岸には、海水浴場、国民宿舎、民宿などが整備され、海水浴客のほか釣り客も多い。日蓮宗飯高寺(はんこうじ)は、江戸時代には日蓮宗の関東八檀林(学問所)の一つに数えられ、飯高(いいだか)檀林ともよばれた。同寺の講堂、鐘楼、鼓楼、総門、および長徳(ちょうとく)寺の絹本著色普賢延命(ふげんえんめい)像、同愛染明王(あいぜんみょうおう)像はいずれも国指定重要文化財。木積(きづみ)の藤箕製作技術は国指定重要無形民俗文化財。面積101.52平方キロメートル、人口3万7261(2015)。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

匝瑳(市)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

匝瑳(市)の関連情報

関連キーワード

ヘレン ミレン意匠テキサス大学アイスランドの要覧アイルランドの要覧アルゼンチンの要覧アルバニアの要覧イラクの要覧エストニアの要覧エチオピアの要覧

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation