@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

医学館【いがくかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

医学館
いがくかん
躋寿館 (せいじゅかん) 。江戸幕府の奥医師,多紀元孝が,医学の研究と教育のための設備の必要性を上申し,私費で開設する許しを求めたのに対し,幕府明和2 (1765) 年に江戸神田佐久間町に広大な土地を与えた。元孝はそこに校舎を建て「躋寿館」と名づけた。設備としては,書庫薬園学舎を備え,本草経,素問,霊枢,難経,傷寒論,金匱要略の6部を連日輪講した。また,経絡鍼灸,診法,薬物,医案,疑問の6条に分けて臨床講義を行い,総理,教授,薬園監,書記の職をおいた。火災にあったが再建寛政3 (91) 年その子元徳の代,幕府は価値を認め,規模を拡大して官学とし,別称だった医学館を正式の名称とし,督事 (長) は多紀氏の世襲とした。明治維新と同時に廃止され,その建物は種痘館となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いがく‐かん〔‐クワン〕【医学館】
江戸幕府の漢方医学校。明和2年(1765)将軍家の奥医師多紀元孝(たきもとたか)が江戸神田佐久間町に設けた私塾を、寛政3年(1791)幕府の直轄にしたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いがくかん【医学館】
江戸幕府の官医養成のための医学校。同様の名称は各藩にもみられる。前身は幕府奥医師多紀氏の私営になる躋寿館(せいじゆかん)で,1765年(明和2)5月多紀元孝が神田佐久間町の司天台(天文台)旧地に設置,数度罹災したが,多紀家代々の努力によって発展した。84年(天明4)には100日間医生を学舎に寄宿教育する百日教育の法という独特の法を実施,医案会,疑問会,薬品会等を行うなどして評判を高め,多くの医生を集めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

医学館
いがくかん

江戸時代の漢方医学校。1765年(明和2)多紀元孝(たきもとたか)が、私財を投じて私学躋寿館(せいじゅかん)と称して発足、元孝は教育課程を創案して『医学館経営記』『百日教育記』にまとめ、子弟の育成にあたった。躋寿館は1772年(安永1)江戸の大火で類焼し、元孝の子元悳(げんとく)は1791年(寛政3)第11代将軍徳川家斉(いえなり)の援助を得て官立とし、名を医学館と改めた。以来その子元簡(もとやす)、元胤(もとたね)、元堅(もとかた)、元昕(もとあき)累代医学館督事として運営にあたり、考証学派としての医育事業と、『聖済総録(せいざいそうろく)』『千金方(せんきんほう)』『医心方(いしんほう)』などの復刻事業、また代々多くの著述を刊行し、日本漢方医学の学術書の集大成を行った。その成果は今日、中国においても高く評価されている。

[矢数道明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いがく‐かん ‥クヮン【医学館】
[1] 〘名〙 医学を教える学校。
※遁花秘訣(1820)序「魯西亜(おろしあ)の皇都『ペテルブルグ』なる医学館に於て」
[2] 徳川将軍家の奥医師多紀安元が、町医とその子弟の教育を目的として、明和二年(一七六五)、江戸神田佐久間町に設立した医学校を、寛政三年(一七九一)に、江戸幕府の直轄の学館としたもの。文化三年(一八〇六)に焼亡、翌年下谷新橋通りへ再建。天保年間(一八三〇‐四四)からは、町方の困窮病人に対しての施薬も行なった。
※禁令考‐前集・第三・巻二七・天明六年(1786)正月一三日「医学館教育仕法之儀御触書〈略〉多紀安元医学館再建有増出来に付」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

医学館」の用語解説はコトバンクが提供しています。

医学館の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation