@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

医師臨床研修制度【イシリンショウケンシュウセイド】

デジタル大辞泉

いしりんしょうけんしゅう‐せいど〔イシリンシヤウケンシウ‐〕【医師臨床研修制度】
大学を卒業し国家試験に合格した医師を、指定病院で実地研修させる制度。臨床医として一般的な診療で頻繁に関わる負傷や疾病に適切に対応できるように、プライマリーケアの基本的な診療能力を習得させ、また、医師としての人格を養い育てることを目的とする。研修期間は2年以上。臨床研修制度
[補説]昭和43年(1968)実地修練制度(インターン制度)を廃止して臨床研修制度を創設。この制度で2年間の臨床研修は努力義務であったが、平成16年(2004)4月に新医師臨床研修制度となってからは必修化。当初は内科、外科、救急(麻酔科を含む)、小児科、産婦人科、精神科、地域保健・医療の7科目が必修だったが、平成20年(2008)に見直され、内科・救急・地域医療の3科目が必修外科麻酔科小児科産婦人科精神科から2科目選択必修となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

医師臨床研修制度
特定の診療科しか知らない医師が増えたことなどへの反省から、04年4月から新人医師に必修化された制度。医師免許取得後に内科、外科、救急(麻酔科を含む)、小児科、産婦人科、精神科、地域保健・医療の7部門を2年かけて回る。幅広い能力を身に着けることが目的。新制度前は、新人医師は卒業後も出身大学の医局に残って診療や研究業務を下支えしていた。新制度では研修先病院を自由に選択できるようになり、都市部や技術の高い民間病院に人気が集中し、多くの大学病院が医師不足に陥った。
(2006-03-13 朝日新聞 朝刊 千葉 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

医師臨床研修制度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

医師臨床研修制度の関連情報

他サービスで検索

「医師臨床研修制度」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation