@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

十二因縁【じゅうにいんねん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

十二因縁
じゅうにいんねん
dvādaśāṅgika-pratīty asamutpāda
仏教用語。十二縁起ともいう。迷いの世界の因果関係を 12種の系列によって説明したもの。 (1) 無明 (迷いの根本となる無知) 。 (2) (無明に基づき,次のを形成する働き) 。 (3) 識 (胎したときの最初の一念) 。 (4) 名色 (母胎中で発育する心的なものと肉体的なもの) 。 (5) 六処 (6種の感覚器官が整って母胎を出ようとする状態) 。 (6) (物に触れて知る感触のみの状態) 。 (7) 受 (対象を識別感受する状態) 。 (8) (欲望によって対象を判断すること) 。 (9) (自分の欲望に執着すること) 。未来の結果としての (10) (生存) と (11) 生と (12) 老死順次に前のものがあとのものの原因となっている。この 12種の項の系列が釈尊の悟りの内容とされ,苦しみを断つためには,その根本的原因である無明から順次に滅されなければならないと説かれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゅうに‐いんねん〔ジフニインエン〕【十二因縁】
仏語。人間が過去前世)・現在(現世)・未来(来世)の三界を流転する輪廻(りんね)のようすを説明した12の因果関係。無明・行(ぎょう)の過去の二因、識・名色・六処・触・受の現在の五果、愛・取・有の現在の三因、生・老死の未来の二果の。十二縁門。十二縁起。十二牽連(けんれん)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

十二因縁
仏教で、三世輪廻の因果関係を説くもの。▽無明、行、識、名色、六処、触、受、愛、取、有、生、老死

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

じゅうにいんねん【十二因縁】
仏教の開祖釈尊が菩提樹下で悟ったといわれる真理十二支縁起あるいは十二縁起とも呼ぶ。生老病死という四苦で言い表される我々苦的存在は,無明ではじまり老死で終わる次のような十二種の契機によって成立するとみる因果法則である。無明(むみよう)→行(ぎよう)→識(しき)→名色(みようしき)→六処→触(そく)→受→愛→取→有(う)→生(しよう)→老死。すなわち無明があるから行があり,生があるから老死という。あるいは老死があるのは生があるからであり,行があるのは無明があるからであるとみる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じゅうにいんねん【十二因縁】
迷いの世界の姿を無明むみよう・行・識・名色・六処・触・受・愛・取・有・生しよう・老死の一二の因果関係から説いたもの。無明と行を過去、識から有までを現在、生と老死を未来にあてる解釈と、存在のあり方を説明しているとする解釈とがある。十二因起。十二縁門。十二牽連。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

十二因縁
じゅうにいんねん
仏教のきわめて重要な、いわゆる縁起思想は、いっさいのものに独立の実体を認めず、それらが他のものに縁(よ)って成立していることを意味するが、われわれの存在のあり方について考察した諸縁起説のうち、初期の段階でもっとも完備したものが、十二因縁(十二縁起ともいう)であり、次の十二支をたてる。
(1)無明(むみょう)(アビドヤーavidy) 人間が本来もっている無知で迷いの原因。
(2)行(ぎょう)(サンスカーラsaskra) いっさいに潜在的な能動性。
(3)識(しき)(ビジュニャーナvijna) 識別し認識する働き。
(4)名色(みょうしき)(ナーマ・ルーパnma-rpa) 名は名称、色は対象一般。
(5)六入(ろくにゅう)(シャド・アーヤタナa-yatana) 眼(げん)・耳(に)・鼻(び)・舌(ぜつ)・身(しん)・意(い)(心)の六つの感覚器官。
(6)触(そく)(スパルシャspara) 対象との接触。
(7)受(じゅ)(ベーダナーvedan) 対象の受容。
(8)愛(あい)(トルシュナーt) 対象への傾倒・欲望・とらわれ。
(9)取(しゅ)(ウパーダーナupdna) 対象への執着・むさぼり。
(10)有(う)(ブハバbhava) 生存。
(11)生(しょう)(ジャーティjti) 誕生。
(12)老死(ろうし)(ジャラー・マラナjar-maraa) 老い死ぬこと。
 人生の苦は何か、何によって苦が生ずるか、ということから出発して、前記の系列を(12)からさかのぼり、最後に無明に到(いた)る。そしてそれを正しく自覚することによって明(みょう)が生じ、無明が滅ぶ。それがふたたび先の順序に下りつつ、それぞれが滅び、ついに苦を滅ぼす悟り、すなわち解脱(げだつ)に達する、と説く。部派仏教では、この十二因縁を時間的に解釈し、(1)(2)は過去世の因、(3)~(7)は現在世の果、(8)~(10)は現在世の因、(11)(12)は未来世の果と、三世にわたって二重の因果が重なっていると解し、そのうえにさらに詳しい説明を加える。大乗仏教では、いっさいの相依関係に深化して縁起を説くが、この十二支因縁説はやはり存続した。[三枝充悳]
『橋浦寛照著『十二縁起の成立と仏陀の縁起』(1998・開山堂出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅうに‐いんねん ジフニインエン【十二因縁】
〘名〙 仏語。無明、すなわち無知を根底においた生存の見方で、無明・行・識・名色・六処・触・受・愛・取・有・生・老死の一二を人間あるいは生物の生存を構成する要件として立てたもの。これらはすべて、前者によって後者があり、前者が消滅すれば後者も消滅するという、因果的な連鎖の関係にあるとされる。有力な解釈の一つとして、この十二の要件の関係を三世にわたる関係を示すとするものもある。十二縁。十二縁起。十二縁門。十二縁生。十二懸連。〔法華義疏(7C前)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十二因縁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

十二因縁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation