@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

十二天【じゅうにてん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

十二天
じゅうにてん
仏教を守護する 12の天尊。八方方位と天・地を守護する神,ならびに日・月の2天を加えたもので,インド神話の神々が取入れられている。梵天地天,日天,月天,帝釈天焔摩 (えんま) 天,水天 (→バルナ ) ,毘沙門天,火天,羅刹天風天伊舎那天 (あるいは大自在天 ) の 12神。このうち帝釈天以下は,東から北への八方に入るとされ,八方天とも呼ばれる。日本での遺品として奈良西大寺の仏画 (平安時代初期) ,教王護国寺宅磨勝賀筆『十二天像』の屏風 (鎌倉時代初期) が著名

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゅうに‐てん〔ジフニ‐〕【十二天】
仏教を守護する12の天尊。四方四維の八天、上・下の二天、日・月の二天のこと。帝釈天(たいしゃくてん)(東)・火天南東)・閻魔天(えんまてん)(南)・羅刹天(らせつてん)南西)・水天(西)・風天北西)・毘沙門天(びしゃもんてん)(北)・伊舎那天(いしゃなてん)北東)、梵天(ぼんてん)(上)・地天(下)、日天(日)・月天(月)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

十二天
仏教で、上下、日月、四方、四維を守る天衆。▽梵天(上)、地天(下)、日天(日)、月天(月)、帝釈天(たいしゃくてん。東)、焔摩天(えんまてん。南)、水天(西)、毘沙門天(北)、火天(東南)、羅刹天(らせつてん。西南)、風天(西北)、伊舎那天(いしゃなてん。東北)

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

じゅうにてん【十二天】
天部に含まれるすべての天,竜王,諸神,薬叉(夜叉),冥官,星宿などのそれぞれを代表する天部十二尊の総称。12の天部は四方(東西南北)と四維(南東,南西,北西,北東)の8方と上方下方の10方位に配置される十尊と日天(につてん),月天(がつてん)である。すなわち,帝釈天(たいしやくてん)(東),火天(かてん)(南東),閻魔天(えんまてん)(南),羅刹天(らせつてん)(南西),水天(すいてん)(西,バルナ),風天(ふうてん)(北西),毘沙門天びしやもんてん)(北),伊舎那天(いしやなてん)(北東),梵天(ぼんてん)(上),地天(ちてん)(下),日天,月天となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

十二天
じゅうにてん

世界を守護する12種の天神。八方天と上下の天と日月とからなる。(1)東方の帝釈天(たいしゃくてん)(インドラIndra)、(2)南方の焔魔天(えんまてん)(ヤマYama)、(3)西方の水天(バルナVaruna)、(4)北方の毘沙門天(びしゃもんてん)(バイシュラバナVaiśravaa、クベーラKuvera)、(5)東南方の火天(アグニAgni)、(6)西南方の羅刹天(らせつてん)(ラークシャサRāksasa)、(7)西北方の風天(バーユVāyu)、(8)東北方の伊舎那天(いしゃなてん)(イーシャーナĪśāna)、(9)上方の梵天(ぼんてん)(ブラフマーBrahmā)、(10)下方の地天(ちてん)(プリティビーPthivī)、(11)日天(にってん)(スーリヤSūrya)、(12)月天(がってん)(チャンドラCandra)をいう。密教ではこれらの神を壇の上に配し、護摩(ごま)をたいて供養し、加護を祈る。これを十二天法(十二天供(てんく))という。京都・東寺と奈良・西大寺の画像は有名。

[定方 晟]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅうに‐てん ジフニ‥【十二天】
仏語。一切の天龍・鬼神・星宿・冥官を統(す)べて世を護る一二の神。四方・四維の八天に、上下の二天および日・月の二天を加えたもの。東に帝釈天、東南に火天、南に閻魔天、西南に羅刹天、西に水天、西北に風天、北に多聞天(毘沙門天)、東北に大自在天、上に梵天、下に地天、および日天、月天の総称。〔伊呂波字類抄(鎌倉)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十二天」の用語解説はコトバンクが提供しています。

十二天の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation