@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

十二湖【じゅうにこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

十二湖
じゅうにこ
青森県南西部,白神山地の北西麓,日本海沿岸付近に連鎖状に散在する大小約三十数個の湖沼群。深浦町に属する。は周囲の岩山崩壊により河川がせき止められてできたもので,十二湖の名は湖沼の中心にある崩山 (940m) 山頂から見おろすと 12の湖が見えることに由来。付近は広葉樹原生林に囲まれ,またグランドキャニオンを思わせる日本キャニオンがあり風光明美。越口ノ池ではニジマス養殖が行なわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゅうに‐こ〔ジフニ‐〕【十二湖】
青森県南西部にある湖沼群。白神山地西部に位置し、王池、鶏頭場(けとば)ノ池、大池など大小33の湖沼がブナの原生林中に点在。八景ノ池から見られる大断崖は日本キャニオンとよばれる。津軽国定公園に属する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゅうにこ【十二湖】
青森県南西部,西津軽郡岩崎村にある湖沼群。標高150~250mの凝灰岩台地に30余の湖沼が分布するが,崩山(大崩山)の山頂からは12しか見えないことから名付けられたといわれる。成因は,凝灰岩の崩壊により河水がせき止められたものと考えられる。湖沼には八景ノ池,王池,越口ノ池,青池,大池などの名があり,広葉樹の天然林に囲まれ新緑ころ特に美しい。越口ノ池には県水産試験場のニジマス養殖場があり,大池は発電に利用されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

十二湖
じゅうにこ
青森県南西部、白神山地(しらかみさんち)北麓(ほくろく)の湖沼群。西津軽郡深浦町(ふかうらまち)岩崎の海岸線から約5キロメートル東方の標高150~250メートルの台地に、八景ノ池、越口(こしくち)ノ池、中ノ池、落口(おちくち)ノ池、鶏頭場(けとば)ノ池、青池、日暮(ひぐらし)ノ池など約30の湖沼が点在する。十二湖の呼称は、面積が1万平方メートル以上の湖沼が12あるとか、東部の崩(くずれ)山(940メートル)の上から見ると12の湖沼が見えることからつけられたというが、さだかではない。湖沼の成因は、周囲の軟弱な凝灰岩の崩壊により河水がせき止められたことである。ブナ、ミズナラなどの広葉樹に覆われ、湖沼群を巡るハイキングコースもある。十二湖西部の断崖(だんがい)日本キャニオンとともに津軽国定公園の一部。JR五能(ごのう)線十二湖駅からバスの便がある。[横山 弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十二湖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

十二湖の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation