@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

十八ヵ国軍縮委員会【じゅうはちかこくぐんしゅくいいんかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

十八ヵ国軍縮委員会
じゅうはちかこくぐんしゅくいいんかい
Eighteen-Nation Disarmament Committee; ENDC
1961年12月に設けられた軍縮交渉専門機関。同年秋の国際連合総会でインドなどの要望に基づき,十ヵ国軍縮委員会改組について米ソ両国が話し合った。ソビエト連邦は東側 5ヵ国,西側 5ヵ国,中立 5ヵ国の十五ヵ国委員会を主張,アメリカ合衆国は東西 10ヵ国に,中立的配分を考慮した 10ヵ国を加えた二十ヵ国委員会を主張した。結局,妥協が成立して,東側 5ヵ国(ソ連ポーランドチェコスロバキアルーマニアブルガリア),西側 5ヵ国(アメリカ,イギリス,フランス,イタリア,カナダ),中立的な 8ヵ国(ブラジル,ビルマエチオピア,インド,メキシコナイジェリアスウェーデン,アラブ連合)の 18ヵ国で構成されることになった。十八ヵ国軍縮委員会は国連の機構外に置かれたが,国連と密接な連携を保った。その活動は 1969年まで続き,軍縮会議へ引き継がれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十八ヵ国軍縮委員会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

十八ヵ国軍縮委員会の関連情報

関連キーワード

新藤兼人川島雄三鈴木清順久松静児深作欣二マキノ雅広森一生アポロ計画岡本喜八朝鮮映画

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation