@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

十号【じゅうごう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

十号
じゅうごう
仏の 10の称号。 (1) 如来 tathāgata 真実に達した者,人格完成者。 (2) 応供 arhat 尊敬を受けるに値する者,阿羅漢。 (3) 正遍知 samyaksambuddha 正しく悟った者。 (4) 明行足 vidyācaraṇasaṃpanna 知恵と行いの完成者。 (5) 善逝 sugata よく到達した者,しあわせな人。 (6) 世間解 lokavid 世間を知る者。 (7) 無上士 anuttara このうえなき者。 (8) 調御丈夫 puruṣadamyasārathi 教化すべき人を教化する御者。 (9) 天人師 śāstā devamanuṣyānāṃ 天や人に対する教師。 (10) 世尊 buddho bhagavān 真理を悟った者,尊き人。この (10) を仏と世尊に分ければ十一号となる。または如来十号と称して如来を総名とし,応供より世尊までを十号とすることもある。また,世間解と無上士を合する説,無上士と調御丈夫を合する説,世尊を加えない説など,異説も多く,仏をさす称号は 10種だけではないが,普通前記 10種にまとめられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゅう‐ごう〔ジフガウ〕【十号】
に対する10種の称号。如来応供(おうぐ)・正遍知・明行足(みょうぎょうそく)・善逝・世間解(せけんげ)・無上士・調御丈夫(ちょうごじょうぶ)・天人師・仏世尊。または如来を総名とし、仏世尊を仏・世尊と分けることもある。如来十号。仏十号

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十号」の用語解説はコトバンクが提供しています。

十号の関連情報

関連キーワード

如来如来如来如来釈迦如来蔵如来蔵経仏像如来蔵

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation