@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

十部伎【じゅうぶぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

十部伎
じゅうぶぎ
Shi-bu-ji
中国唐代の宮廷の音楽制度。南北朝から本格的に流入した西域その他の外来楽 (胡楽) が中国固有の雅楽 (天地宗廟の礼楽) や俗楽と混交するのを避けるために,隋代の初めに,清商 (漢以来の俗楽) ,西涼伎 (清商伎と亀茲伎の合体) ,亀茲伎 (新疆のクチャ) ,天竺伎 (インド) ,安国伎 (ウズベキスタンブハラ) ,高麗伎 (高句麗) ,文康伎 (中国楽,礼畢〈れいひつ〉ともいう) を合わせて七部伎を制定。煬帝にいたり,疎勤 (新疆のカシュガル) と康国伎 (ウズベキスタンのサマルカンド) を加えて九部伎とし,さらに唐初に文康伎を讌楽伎 (中国楽) に代え,高昌伎 (新疆のトゥルファン) を加えて十部伎を完成,唐末まで行なわれた。各伎ごとに楽器,楽曲,服飾を定めて第一伎から第十伎まで通演した。唐代宮廷音楽のであった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゅうぶぎ【十部伎 shí bù jì】
中国,唐朝の宮廷の饗宴の際に行われた宴饗楽の上演様式名。初め隋の文帝のとき六朝以来の俗楽と外来音楽のうち7種を取って七部伎を組んだ。俗楽系の清商伎,文康伎,亀茲楽の要素をふくむ国伎,西域楽系の亀茲(クチャ)伎,安国(ブハラ)伎,天竺(インド)伎,朝鮮楽系の高麗(高句麗)伎がそれである。次の煬帝(ようだい)のとき国伎を西涼伎,文康伎を礼畢と改名し,新たに疏勒(カシュガル),康国(サマルカンド)の両西域楽を加えて九部伎とした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

十部伎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

十部伎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation