@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

千代の富士貢【ちよのふじみつぐ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

千代の富士貢
ちよのふじみつぐ
[生]1955.6.1. 北海道,福島
[没]2016.7.31. 東京,文京
第58代横綱本名秋元貢。同郷の横綱千代の山の九重親方にスカウトされて入門。1970年9月初土俵。持病ともいうべき肩の脱臼に悩まされ,十両幕内を往復していたが,ウエイトトレーニングによる筋肉づくりでそれを克服。1979年3月の 3度目の入幕から,前まわしを取って一気に寄り切る速攻相撲を身につけ急激に強くなった。1981年初場所で初優勝を飾り大関昇進し,名古屋場所後,横綱に昇進。1988年には双葉山(双葉山定次)の 69連勝に次ぐ 53連勝を記録。1989年9月国民栄誉賞を受賞。1990年春場所で史上初の通算 1000勝を達成。1991年5月14日,夏場所途中で引退。優勝 31回(全勝 7回)。通算 1045勝。年寄九重を襲名日本相撲協会の理事を務めた。(→相撲

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちよのふじ‐みつぐ【千代の富士貢】
[1955~2016]力士。第58代横綱。北海道出身。本名、秋元貢。愛称はウルフ。通算1045勝、幕内通算807勝を記録するなどして一時代を築いた。優勝31回。平成元年(1989)国民栄誉賞受賞。引退後、年寄陣幕を襲名。のちに当時の九重親方と年寄名跡を交換し、年寄九重を継承。→第57代横綱三重ノ海 →第59代横綱隆の里

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

千代の富士貢 ちよのふじ-みつぐ
1955- 昭和後期-平成時代の力士。
昭和30年6月1日生まれ。昭和45年九重部屋に入門。50年入幕。ウルフとよばれ,右まわしをひきつけての速攻相撲で昇進し,56年58代横綱となる。63年53連勝を記録。平成3年引退。通算1045勝は史上最多。優勝31回は大鵬(たいほう)の32回につぐ。4年九重部屋をつぐ。平成元年国民栄誉賞受賞。20年日本相撲協会理事。北海道出身。本名は秋元貢。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

知恵蔵mini

千代の富士貢
大相撲の元横綱千代の富士。本名は秋元貢(あきもと・みつぐ)。1955年北海道松前郡福島町出身。70年の秋場所で初土俵を踏み、75年、新入幕。81年の初場所で当時の横綱・北の湖との優勝決定戦に勝って初優勝し大関に昇進した。同年秋の名古屋場所で2回目の優勝を果たし、81年秋に、第58代横綱となった。88年には、夏場所から4場所連続で優勝し、当時の戦後最高となる53連勝を達成した。同年秋場所で当時の通算勝ち星の新記録を樹立し、相撲界初の国民栄誉賞を受賞した。通算1045勝。優勝31回。91年夏場所で引退し、年寄陣幕を襲名、92年4月には九重を襲名し、九重部屋を継承して、大関・千代大海など多くの関取を育ててきた。相撲協会では2008年2月に理事に初当選し、広報部長、審判部長、巡業部長などを経て、12年2月から事業部長となった。15年名古屋場所を休場し、膵臓(すいぞう)がんの手術を受けていたが、16年7月31日、すい臓がんのため死去した。享年61。
(2016-8-2)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

千代の富士貢
ちよのふじみつぐ
(1955―2016)
第58代横綱。北海道生まれ。本名秋元貢。明治大学付属高校中退。1970年(昭和45)中学3年で九重(ここのえ)親方(元横綱千代の山)に誘われて上京し、角界に入った。生まれつき肩の関節が弱く、十両時代から引退まで、脱臼(だっきゅう)などのけがで20回も入院を経験している。しかし、天性の運動神経と努力で、1981年横綱に昇進し、通算1045勝(歴代2位)、連勝記録53(歴代3位)の成績を残した。横綱昇進時で183センチメートル、123キログラムの小兵力士で、色が浅黒くて目つきが鋭く、オオカミを思わせる風貌(ふうぼう)から、「ウルフ」の愛称で親しまれた。1989年(平成1)、力士として初めて国民栄誉賞を受賞した。1991年に引退し、九重部屋を継いだ。[向坂松彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千代の富士貢」の用語解説はコトバンクが提供しています。

千代の富士貢の関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門斎藤寅次郎新藤兼人コーマン[各個指定]芸能部門野村芳太郎久松静児マキノ雅広森一生川島雄三

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation