@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

千代もと草【ちよもとぐさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

千代もと草
ちよもとぐさ
藤原惺窩が母のために書いたといわれている和文の儒教通俗啓蒙書。『仮名性理』とも呼ばれる。1巻。天明8 (1788) 年刊。『心学五倫書』とほぼ同一の内容で,また本多正信とされる『天下国家之要録』にも同一内容の部分があり,著者は確定しがたい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

千代もと草
ちよもとぐさ
江戸時代の儒教の啓蒙(けいもう)書。一巻。藤原惺窩(せいか)著とされているが、疑わしい。1788年(天明8)刊行。老母のために儒教(朱子学)の大意をやさしく説明するという体裁で書かれているが、「天道」の性格やその因果応報の説き方などには、前代に流行したキリシタンや仏教の投影も認められる。本書は、1691年(元禄4)に惺窩の著作として刊行された『仮名性理(しょうり)』を改題したものであり、さらにその『仮名性理』は、現存版本によれば、1650年(慶安3)以降、著者名を欠いたまま江戸時代を通じて版を重ねた『心学五倫書』とほとんど同じ内容である。こうした成立事情からもわかるように、本書は近世思想史上の重要な文献である。[石毛 忠]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千代もと草」の用語解説はコトバンクが提供しています。

千代もと草の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation