@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

千倉【ちくら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

千倉
ちくら
千葉県南部,南房総市南東部の旧町域。房総半島南部に位置し,東は太平洋に面する。1900年曦町として町制施行。1920年千倉町に改称。1954年七浦村,健田村の 2村と合体。同年千歳村を編入。2006年富浦町,富山町,三芳村,白浜町,丸山町,和田町と合体して南房総市となった。中世は丸氏,里見氏の所領となり,近世には江戸幕府の直轄地となった。沿岸部の北半は砂浜海岸,南半は数段の海岸段丘岩石海岸が発達。一年を通して温暖な気候に恵まれ,花卉,野菜,柑橘類の栽培が盛ん。内陸部では米作が行なわれる。千倉港などの漁港では近海漁業が営まれる。県水産試験場があり,サザエアワビイセエビなどを養殖。海岸沿いに観光花摘み園や,千倉温泉がある。日枝神社白間津のオオマチは国指定の重要無形民俗文化財。南房総国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

千倉
ちくら

千葉県南部、太平洋に臨む安房郡(あわぐん)にあった旧町名(千倉町(まち))。現在は南房総市(みなみぼうそうし)の南東部を占める地域。1900年(明治33)町制施行した曦(あさひ)町が1920年(大正9)千倉町と改称。1954年(昭和29)七浦(ななうら)、健田(たけだ)の2村と合併、同年千歳(ちとせ)村を編入。2006年(平成18)、安房郡富浦町(とみうらまち)、富山町(とみやままち)、三芳村(みよしむら)、白浜町(しらはままち)、丸山町(まるやままち)、和田町(わだまち)と合併して市制施行、南房総市となった。地名は多くの崖(がけ)のある土地の意味をもつ。旧町域南部の海岸には岩礁地帯が続き、北の砂浜海岸へと続くが、背後に安房丘陵の山腹を控えて冬季は温暖である。北部をJR内房(うちぼう)線が走り、南部は国道410号や県道のバス交通に依存する。中世、丸(まる)氏の所領であったが、のちに里見(さとみ)氏の支配を経て、江戸時代は幕領や本多(ほんだ)氏など旗本領となった。農業は野菜・花卉(かき)栽培、米作、乳牛の飼育の複合経営が行われ、磯浜(いそはま)でのアワビ、サザエ、イセエビなどのほかサバ、カツオの水揚げが多い。県水産試験場があり栽培漁業が振興されている。海水浴場や海の幸、花畑に恵まれて民宿が急増した。白間津(しらまづ)で5年ごとに行われるオオマチ(大祭)行事は、氏神の日枝神社の祭礼とオオナワタシとよばれる行事からなり国指定重要無形民俗文化財。小松寺(こまつじ)の銅造十一面観音坐像(かんのんざぞう)(東京国立博物館保管)は国指定重要文化財、梵鐘(ぼんしょう)は県指定文化財であり、高家神社(たかべじんじゃ)は日本では数少ない料理の神様を祀(まつ)った神社で11月23日に四条流包丁式が挙行される。

[山村順次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千倉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

千倉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation