@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

千利休【せんの りきゅう】

美術人名辞典

千利休
安土桃山時代の茶人。利休流茶道の。和泉生。幼名は与四郎、名は宗易、号は抛筌斎。茶湯を北向道陳・武野紹鷗に師事する。織田信長豊臣秀吉の茶頭となり、草庵での侘数奇の茶道大成正親町天皇より利休居士号を勅謚される。天正十九年(1915 )歿、70才。

出典:(株)思文閣

朝日新聞掲載「キーワード」

千利休
1522~91年。堺の町衆の家に生まれる。茶器や道具に工夫を凝らし、極限まで無駄を省くわび茶の完成に努めた。豊臣秀吉に茶頭として仕え、茶人としての地位を確立したが、その後、秀吉に切腹を命じられ、自刃した。
(2017-01-30 朝日新聞 朝刊 大阪市内・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

せん‐の‐りきゅう〔‐リキウ〕【千利休】
[1522~1591]安土桃山時代の茶人。の人。名は与四郎。宗易(そうえき)と号す。侘茶(わびちゃ)の大成者で、千家流開祖茶の湯武野紹鴎(たけのじょうおう)に学ぶ。草庵風の茶室を完成し、朝鮮の茶碗や日常雑器を茶道具に取り入れ、また楽茶碗の制作・指導などをした。織田信長豊臣秀吉に仕えたが、のち秀吉の命により自刃。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

千利休 せんの-りきゅう
1522-1591 戦国-織豊時代の茶人。
大永(たいえい)2年生まれ。堺(さかい)の商人。茶を武野紹鴎(たけの-じょうおう)にまなび,織田信長,豊臣秀吉の茶頭(さどう)となる。「天下一の茶湯者」として秀吉の側近政治にふかくかかわり,侘(わび)茶を大成した。天正(てんしょう)19年2月28日,秀吉の命で切腹。70歳。墓所は京都の大徳寺聚光(じゅこう)院。本姓は田中。幼名は与四郎。法名は宗易(そうえき)。別号に抛筌斎(ほうせんさい)。
【格言など】家は洩らぬ程,食事は飢えぬ程にて,足る事なり(「南方録」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

せんのりきゅう【千利休】
1522‐91(大永2‐天正19)
桃山時代の町衆茶人,茶道の大成者。通称与四郎。法諱宗易。抛筌斎と号し,利休は居士号。堺今市に魚問屋を営む千与兵衛の子として生まれた。千という姓は祖父の田中千阿弥に由来すると伝えられる。利休は若くして,当時の堺町衆に流行していた茶の湯に親しみ武野紹鷗について茶を学んだ。また堺南宗寺に住した大林宗套に参し法諱を与えられるなど,禅の影響を強く受けた。確かな記録にみえる最初の利休の茶会は,1544年(天文13)に奈良の塗師松屋久政を招いた茶会で,当時23歳であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せんのりきゅう【千利休】
1522~1591 安土桃山時代の茶人。千家流茶道の開祖。和泉国堺の人。法名は宗易。村田珠光相伝の侘茶わびちやを武野紹鷗じようおうに学ぶ。茶器および諸道具に工夫をこらし、簡素・清浄な茶道を大成。織田信長・豊臣秀吉に仕えて御茶頭おさどうとなり、天下一の宗匠と評される。政治にも参画するに至ったが、秀吉の怒りを買い自刃を命じられた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

千利休
せんのりきゅう
[生]大永2(1522).堺
[没]天正19(1591).2.28. 京都
安土桃山時代の茶道の完成者,千家流茶道の開祖。商家の出身。幼名は与四郎。家業は納屋衆,一説には魚問屋ともいう。茶の湯を堺,京都で北向道陳,武野紹鴎 (たけのじょうおう) に学び,16歳のとき京都で茶会を開き茶の湯の世界に登場。のち大徳寺で参禅,宗易の号で茶会を開催,やがて織田信長の御茶頭 (おさどう) となり,次いで豊臣秀吉に重用された。天正 13 (1585) 年秀吉の関白就任にあたり茶会が禁中小御所で開かれたとき,正親町 (おおぎまち) 天皇に茶を献じて利休居士の号を贈られ,同 15年秀吉とともに北野大茶会を開くなど天下一の茶匠となった。村田珠光に始まり紹鴎によって引き継がれた佗茶 (わびちゃ) を完成し,待庵をはじめとする草庵風の茶室様式を築いた。また朝鮮茶碗を使用したり,長次郎の楽焼茶碗の制作指導にあたった。織田有楽斎,細川忠興など数多くの弟子を育てて茶道の発展に尽くしたが,同 18年に秀吉の怒りを受け翌 19年に切腹。利休に関する著書は数多く,南坊宗啓がまとめた『南方録』はその代表。利休の茶の流れは3世宗旦から分かれた表千家,裏千家,武者小路千家の三千家として今日にいたっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せん‐の‐りきゅう【千利休】
安土桃山時代の茶人。千家流茶道の祖。幼名与四郎。法諱は宗易。号は抛筌斎。堺の人。能阿彌派と珠光派の茶法を究め、千家流をおこす。織田信長、豊臣秀吉に仕えたが、のち秀吉の勘気をこうむり、命により自刃。大永二~天正一九年(一五二二‐九一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

千利休
せんのりきゅう
1522〜91
安土桃山時代の茶人。千家流茶の湯の開祖,侘 (わ) び茶を大成
名は与四郎,宗易 (そうえき) 。堺の商人出身で,茶道を北向道陳 (きたむきどうちん) ・武野紹鷗 (じようおう) に学んだ。織田信長・豊臣秀吉の茶頭 (さどう) をつとめ,1585年秀吉の禁中茶会・北野大茶湯を主宰。また草庵風茶室を創意した。「茶の湯天下一の名人」とうたわれたが,秀吉の怒りにふれて切腹させられた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千利休」の用語解説はコトバンクが提供しています。

千利休の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation